November 21, 2013

魔王,百年の孤独

  義父から百年の孤独と魔王をいただく。百年の孤独は20年ほど前に宮崎の友人がもってきてくれたものを飲んで,世の中にはこんなに素晴らしい焼酎があるのかと驚いた記憶。今飲んでも美味しい麦焼酎だが,それから20年経って,素晴らしい焼酎が沢山現れるようになってからは,「定価なら素晴らしいが,プレミアが付いてまで買うか?」という九州人的発想に飲み込まれてしまった。
 魔王は初めて。なにせ希少だし買値は高いし。でも頂いたのでありがたく飲む。

 飲んでみて本当に驚く。これは芋焼酎か?飲んだ途端にふわっと花やフルーツの香り。アルコールの当たりも優しくて,一瞬吟醸酒なのかと疑う。こんなフローラルな蒸留酒は他に例を知らない。
 普通ならロックか,時によってはお湯割りだが,こんな素敵な酒はストレート以外にない。切子の日本酒器に入れて,少しずつ頂く。それにしても美味いので,それがするすると減っていく。ミーハーな気もするが,確かにもてはやされるだけのことはある。

 百年の孤独も一杯。こちらは40度とウィスキー並なので,魔王よりは骨太。いや,樽で熟成された焼酎が沢山出まわるようになった現在,まろやかさや芳醇さは昔のような感激はない。しかし麦なのに結構骨太で,麦の香ばしさもしっかり感じることは新しい発見。もし定価で手に入るような事になれば,ちょいちょい買ってもいいなあと思うことには間違いない。

 こんなのをいただくと,他に素晴らしい焼酎がないかまた探したくなる。久しぶりに素晴らしい酒との出会いだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2013

CHÂTEAU MARGAUX 1972

 Photo
 本を書いた記念にと,義父が畏れ多くも第1級ワインを飲もうという。人間生きているとこういう僥倖にあずかることもあるのである。記念というにはあまりにも大きなプレゼントであるが,ここは畏まっていただくことにした。場所は金沢の第1級バー,カプリスである。
 以前にも飲んだことはある。しかしその時とはワケが違う。それよりも20年も前,私の誕生年のワインなのだから。1972年は比較的不作の年で,なかなか手に入らないものである。
 カプリスの才田バーテンダーが抜栓。実際にはかなり傷んでおり,ゆっくり開けながらも惜しい所でコルクが折れた。澱は少ないもののワイン自体もやや濁りがみられ,状態が心配されたが,テイスティングでは極端な味の変化はない模様。デキャンタージュして開くことを待った。
 ワインの色は煉瓦色に近くなっており,いかにも古酒という感じである。味の方は1976年のラフィットを飲んだ時に似て,やはり硫黄や溶剤のようなケミカルな香りが最初出てくる。これを時間をかけて空気に触れさせてくると,ようやく落ち着いてワインの味が出てくる。ブドウの香りや風味は十分に残っており,同時に土や木の香りがおしよせる。最初強かった渋みは,落ち着くとともにうんと柔らかくなっていく。
 さすがに40年のワイン,いわゆるワインの飲み頃からはやや外れだしてはいる。ただ「いかにも古酒」という性格がどのようなものかを知るにはうってつけのものであった。そうそう機会に恵まれることもないが,一度で決して忘れることのない経験となる。本当に義父に感謝。一緒に飲んでくれた皆にも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2012

Garvey Cream

 たまには甘いシェリーがほしい。手頃で安いものがあればなお良い。そういうアナタにガーベイ。と言われたわけでもないが,酒屋のラインナップを眺めながら一番安くて良さそうだったのでお買い上げ。なんてったって1700円。クリームの中でもかなり安い。
 口に含んだ途端,雑味の少ない飲みやすいクリーム。酸味が弱めで甘さも程よい。干しぶどうのような香りは複雑という感じではないが,シェリーらしいことは間違いない。デイリーで飲む分には十分のクオリティ。大変よろしいチョイスであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2012

Naudin Tiercin Pinot Noir

 たまには贅沢をして,わが家で和牛モモのステーキ。せっかくだから良いワインくらい飲もうと近くの「カガヤ酒店」まで,ここは馴染みの良い店。2002年で1,680円。これは買いだとチョイス。聞けば良いネゴシアンのものだという。
 キャップシールを剥いだら,かなりヘタったコルクが。ひょっとするとマズいかなあと思いながら深くスクリューをさして抜栓。やはり一部が壊れてしまいました。幸いにも上手く取り出すことが出来たのでまずは良しとしましょう。
 香りはかなり弱い。古い木の皮あたりの香りが少々。味の方も,最初の印象は酸味だけが立って残っていて,甘さなどはほとんどなく,アルコールも弱くなっているような気が。ブショネなのかと思うも,何せヘタったワインがどんなものなのか知らないので,うかつなことが言えない。信頼している酒屋なので,なお分からない。
 いや,ワインの世界は難しい。ホントに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 30, 2012

厳選辛口 吉乃川

東京からの帰り、珍しく駅弁。ならばこれまた珍しく一本つけようとキオスクで。吉乃川は長岡のポピュラーな酒。そしてこれは缶の酒。この手のカップ酒は糖類が添加されていたりだが、これは米と麹、アルコールだけのもの。
日本酒は不思議なもので、米の甘さにアルコールの辛さだけでなく、苦味、酸味、旨味、時には渋味のような多様な味がする。吉乃川もこれらの味がきちんと分かる仕上がり。それなりに甘みがあって、辛口のパンチもあり、ほんのり残る苦味その他がいいバランス。つまみにと買った和風の弁当にもよく合う。
たまにはこういうのも悪くないが、隣の人には酒臭くて迷惑だったかも。どうかお許しを。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2012

瑞鷹 玉瓶

 長兄家族が来沢の折に手土産として頂いた。瑞鷹といえば美少年・千代の園とならぶ熊本三大酒造メーカの一角をなし,生産量のやや少ない香露を含めて四大蔵ともいえる熊本の美酒である。「♪晩酌に,瑞鷹。奥様の思いや〜り〜」のCMは30代後半以上の熊本出身者なら聞き覚えがあろう。その瑞鷹の大吟醸。熊本といえばそこそこ芳醇な酒が多いのだが,これはいかなるものか。
 水色の瓶に入った爽快さを感じさせる見た目と,飲み口が同じ。九州の酒とは思えないすっきりとした味である。雑味なし,不要な甘さ一切なし。酸味の当たりもほとんどなし。するするっとイケてしまうのでとっても危険。しかし香りの方は相当のもので,冷たくしていたにもかかわらず三温糖とか桃とかのようなしっかりとした吟醸香がある。さすが大吟醸。僅かだろうがアルコールを添加して純米にしていない醸造が,このすっきりとした加減を作っているのだろうと思う。熊本のうだるような夏にはもってこいの爽やかな酒である。
 地域・醸造元で酒の性格を判断できるとは限らない日本酒の面白さ。香露と美少年以外の熊本の酒もどんどん全国区に進出すればいいなあと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2012

MonteAgvdo Oloroso

 良い時間を良いままに過ごしたい時,最近はシェリーを飲むことが多い。甘いシェリーは大好物だが,ナッツの香りや熟成香のしっかりした辛口もまた魅力的である。
 今回はオロロソの辛口。香りはブランデーに塩キャラメルとピスタチオを溶かしたような香り。でも飲んでみると辛口。納豆からモルトまで,甘くて香ばしい香りを混ぜたような味わい。日本人の私は,これを大層大事そうに飲むのだが,スペインの人はこれをどういう表情で飲むのか聞いてみたい。
 そうそう,こういうのってチョコやアイス,生クリームの効いたものと一緒に飲んでもいいかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 30, 2012

MASI Passo Blanco

 更新は著しく途絶えておりますが,酒自体は飲んでおります。今日は金沢の街中にあるワインカーブ・マルコで買ってみたMASIのワイン。当然イタリア産かと思いきや,アルゼンチンで醸造しているんだそうな。ブドウはピノ・グリージョが60%とトロンテスというアルゼンチンのブドウが40%。随分性格も違うんだそうです。
 かなり冷えたものをグラスへ,ピノ・グリージョの印象とは違う桃やグレープフルーツのようなやや甘い香り。やっぱり性格も違う。うっすらとしているが魅力的な香りなのでとても良い。味の方はピノ・グリージョらしく,水のようにあっさりしているけどやや強めの苦さがキリッと味をひきしめている。夏の熱い時に,こういう引き締まった冷たい白を飲むと順調に杯が進む。難しいこと抜きに満足できる軽めのワインでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 24, 2012

Mergler & Engel Eiswein 2010

 ちょっとしたお祝いでBARのマスターからアイスワインをいただく。ラベルを見るとラインヘッセンのもの。うわ,ドイツのアイスワインじゃないですか。カナダのものはそれなりに手頃だが,ドイツのものは結構値もはるものが多いので初めて。心して頂きます。
 注いでみると淡い黄色。ソーテルヌなんかに比べればあっさりした印象,香りも同様にあっさりでちょっとだけセメダインのような有機溶剤と酢酸化合物系の香り。飲んでみると結構しっかりした酸味と漢方薬のような苦味,そしてもちろんたっぷりとした甘み。アメリカンチェリーのような甘さとクセを持っているように思われた。
 大変美味しかったです,どうもありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2011

REAL TESORO Pedoro Ximénez

 ここのところ甘いシェリーにご執心。今日のデザートはペドロ・ヒメネス。
 香りと言うか風味というか。干しアンズに黒糖をまぶしたような感じ。黒糖を使った黒棒(九州ではよく見る菓子)のようでもあり,ということは麦のような穀物の香りもあるということか。ペドロ・ヒメネスなので甘さはたっぷりのクリーム。甘美なご褒美とはこういうものを指すと思える。
 当分シェリーその他のフォーティファイドワインは注目である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«OSBORNE Santa Maria Cream