« 暖流 秘蔵古酒 | Main | Yellow Rose of Texas 8y »

January 28, 2007

Bruichladdich

 「アイラ・モルトを勉強しよう」企画も大分進んできたところ。
 今回のブリックラディックは,数度の生産停止を経て2001年から再び生産されている新しいアイラである。飲んでみると,アイラとしては穏健,というかアイラの持つヨード香が少なく,むしろピートによるスモーキーな雰囲気が強いという感じである。それは昔,サントリー・オールドを飲んだときのような,あるいはスモーキーなハイランド・モルトに代表される重口の雰囲気。アルコールも強いので,重口ながら爽快感の感じられるピートである。香りはそれ以外に黒糖蒸しパンのような柔らかい甘みを持つ香りも。飲んだ後グラスをそのまま置いておいてアフターノートを楽しむと,ビスケットなどの麦芽の香りが主体として楽しめる。
 ちなみに,ストレートではなく,Twice up(水と1対1)やオン・ザ・ロックでも,そのキレのいい個性は比較的失われない。結果として,一本飲みきるのに時間のかかるお酒と言えるかもしれない。これは私の好きなタイプのウィスキーである。
 ちなみにしっかりした金属のケースがついている。海苔などの乾物の容器として十分に使えそう。今回はバーから貰ってきました。

|

« 暖流 秘蔵古酒 | Main | Yellow Rose of Texas 8y »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/13694094

Listed below are links to weblogs that reference Bruichladdich:

« 暖流 秘蔵古酒 | Main | Yellow Rose of Texas 8y »