« April 2013 | Main

November 21, 2013

魔王,百年の孤独

  義父から百年の孤独と魔王をいただく。百年の孤独は20年ほど前に宮崎の友人がもってきてくれたものを飲んで,世の中にはこんなに素晴らしい焼酎があるのかと驚いた記憶。今飲んでも美味しい麦焼酎だが,それから20年経って,素晴らしい焼酎が沢山現れるようになってからは,「定価なら素晴らしいが,プレミアが付いてまで買うか?」という九州人的発想に飲み込まれてしまった。
 魔王は初めて。なにせ希少だし買値は高いし。でも頂いたのでありがたく飲む。

 飲んでみて本当に驚く。これは芋焼酎か?飲んだ途端にふわっと花やフルーツの香り。アルコールの当たりも優しくて,一瞬吟醸酒なのかと疑う。こんなフローラルな蒸留酒は他に例を知らない。
 普通ならロックか,時によってはお湯割りだが,こんな素敵な酒はストレート以外にない。切子の日本酒器に入れて,少しずつ頂く。それにしても美味いので,それがするすると減っていく。ミーハーな気もするが,確かにもてはやされるだけのことはある。

 百年の孤独も一杯。こちらは40度とウィスキー並なので,魔王よりは骨太。いや,樽で熟成された焼酎が沢山出まわるようになった現在,まろやかさや芳醇さは昔のような感激はない。しかし麦なのに結構骨太で,麦の香ばしさもしっかり感じることは新しい発見。もし定価で手に入るような事になれば,ちょいちょい買ってもいいなあと思うことには間違いない。

 こんなのをいただくと,他に素晴らしい焼酎がないかまた探したくなる。久しぶりに素晴らしい酒との出会いだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main