December 20, 2011

REAL TESORO Pedoro Ximénez

 ここのところ甘いシェリーにご執心。今日のデザートはペドロ・ヒメネス。
 香りと言うか風味というか。干しアンズに黒糖をまぶしたような感じ。黒糖を使った黒棒(九州ではよく見る菓子)のようでもあり,ということは麦のような穀物の香りもあるということか。ペドロ・ヒメネスなので甘さはたっぷりのクリーム。甘美なご褒美とはこういうものを指すと思える。
 当分シェリーその他のフォーティファイドワインは注目である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2011

OSBORNE Santa Maria Cream

 清酒を買いに近くにある「カガヤ酒店」。ワインの品揃えが潤沢なのは知っていたが,シェリーもゴロゴロと置いてあった。甘いポルトは好物だし,甘いシェリーも悪くない。ただ,シェリーはちょっと後に残る化粧香が...色々思いはあるが,何となく欲しくなってお買い上げ。
 Creamと書いてあるので甘口だろうとは分かるが,色々と製法があって難しいシェリー。調べによるとパロミノ種のフィーノ(辛口のもの)、ペドロヒメネス種の甘いものをブレンドして調整したものだということは分かった(読めないスペイン語で書いてあったので,この位しか分からない)。ファースト・ノートはカラメルや干しぶどうまでが嗅ぎ取れる。飲んでみるとこれに梅酒・肥後の赤酒・ローストの強いヘーゼルナッツ・ブランデーとなる(ブランデーは酒精強化の時のものか)。そのままいくと独特の枯れた風味もあるが,チーズやドライフルーツを口にすると雲散霧消。甘美な愉しみだけが残ることになる。やっぱりシェリーやポルトはエロティックな感じ。これに匹敵するのはハンガリーの貴腐ワイン,トカイくらいか。
 夜なべ仕事の方は進みゃしないが,幸福感は上昇中。ああ...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2006

Cros Normand Cidre

2002.4.07(Sun)  Cros Normand Cidre(others)
 おそらく、シードルなるものを飲むのは、ニッカが出しているあれ以外としては初めて。Cidre、Ciderと書いてサイダーと読むようにサイダーのもととなった飲み物である。りんごから醸成した発泡酒。アルコール度数は約4度というから、ビールを2缶飲んだ程度の飲み物である。

 注ぐとりんごジュースが濃くなったような色。昔りんごジュースをそのまま置いておくと酸化して変色するという実験をやったことがあるが、その色に近い。香りはフレッシュなりんごジュースと蜜りんごの香りのちょうど中間。味はbrutと言う割には甘いし、さりとて国産のシードルよりは圧倒的に甘くない。最初に炭酸と一緒にちょっとした酸味というか風味がつんとする。ちなみにサイダーを飲んだときのげっぷやドライアイスの冷気をくわえた時の風味に似ている。二酸化炭素の味、といっても二酸化炭素は無味無色の気体のはずだが特徴的に感じる風味である。ちなみに母校T大学でニオイや味覚に詳しい某美人女性研究者さんは、「三叉神経を刺激するときの感覚が味覚と連関していると思われる」と語っていたので、勝手にそうだと決め込むことにしている。

 がぶがぶと飲みたい、さりとてビールという気分ではなく、スパークリングワインは高いし、第一アルコールが一人にはハード、というときには結構いいのではないか。軽いアルコールのあるジュースといえないこともないし。それにしては甘さ控えめだし。なんといっても一本(750ml)398円なのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2006

マカディア

 スーパーで,何となく目に留まったリキュール。「力の源,マカ」を配合したものらしい。何となく淫靡な香りがするので,たまには興味本位で購入。
 白ワインベースに,マカやローズヒップが使われているという。飲んでみると,芳香のある甘い白ワイン。これがマカの香りかローズヒップの香りか良く分からないのだが,確かにハーブティーのような酸味を感じる。これはローズヒップか?結論から言うと,「味のちょっと悪い桂花陳酒」みたいな感じ。薬草系のリキュールのような感じでもない。マカの淫靡な魅力以外,何かヒットしそうな感じがしない。
 では,その魅力は活かされるか?使う目的がないよなあ...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

Beer | bourbon | brandy | others | riquar | sake | scotch | spirits | whiskey | wine