April 08, 2013

CHÂTEAU MARGAUX 1972

 Photo
 本を書いた記念にと,義父が畏れ多くも第1級ワインを飲もうという。人間生きているとこういう僥倖にあずかることもあるのである。記念というにはあまりにも大きなプレゼントであるが,ここは畏まっていただくことにした。場所は金沢の第1級バー,カプリスである。
 以前にも飲んだことはある。しかしその時とはワケが違う。それよりも20年も前,私の誕生年のワインなのだから。1972年は比較的不作の年で,なかなか手に入らないものである。
 カプリスの才田バーテンダーが抜栓。実際にはかなり傷んでおり,ゆっくり開けながらも惜しい所でコルクが折れた。澱は少ないもののワイン自体もやや濁りがみられ,状態が心配されたが,テイスティングでは極端な味の変化はない模様。デキャンタージュして開くことを待った。
 ワインの色は煉瓦色に近くなっており,いかにも古酒という感じである。味の方は1976年のラフィットを飲んだ時に似て,やはり硫黄や溶剤のようなケミカルな香りが最初出てくる。これを時間をかけて空気に触れさせてくると,ようやく落ち着いてワインの味が出てくる。ブドウの香りや風味は十分に残っており,同時に土や木の香りがおしよせる。最初強かった渋みは,落ち着くとともにうんと柔らかくなっていく。
 さすがに40年のワイン,いわゆるワインの飲み頃からはやや外れだしてはいる。ただ「いかにも古酒」という性格がどのようなものかを知るにはうってつけのものであった。そうそう機会に恵まれることもないが,一度で決して忘れることのない経験となる。本当に義父に感謝。一緒に飲んでくれた皆にも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2012

Garvey Cream

 たまには甘いシェリーがほしい。手頃で安いものがあればなお良い。そういうアナタにガーベイ。と言われたわけでもないが,酒屋のラインナップを眺めながら一番安くて良さそうだったのでお買い上げ。なんてったって1700円。クリームの中でもかなり安い。
 口に含んだ途端,雑味の少ない飲みやすいクリーム。酸味が弱めで甘さも程よい。干しぶどうのような香りは複雑という感じではないが,シェリーらしいことは間違いない。デイリーで飲む分には十分のクオリティ。大変よろしいチョイスであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2012

Naudin Tiercin Pinot Noir

 たまには贅沢をして,わが家で和牛モモのステーキ。せっかくだから良いワインくらい飲もうと近くの「カガヤ酒店」まで,ここは馴染みの良い店。2002年で1,680円。これは買いだとチョイス。聞けば良いネゴシアンのものだという。
 キャップシールを剥いだら,かなりヘタったコルクが。ひょっとするとマズいかなあと思いながら深くスクリューをさして抜栓。やはり一部が壊れてしまいました。幸いにも上手く取り出すことが出来たのでまずは良しとしましょう。
 香りはかなり弱い。古い木の皮あたりの香りが少々。味の方も,最初の印象は酸味だけが立って残っていて,甘さなどはほとんどなく,アルコールも弱くなっているような気が。ブショネなのかと思うも,何せヘタったワインがどんなものなのか知らないので,うかつなことが言えない。信頼している酒屋なので,なお分からない。
 いや,ワインの世界は難しい。ホントに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 30, 2012

MASI Passo Blanco

 更新は著しく途絶えておりますが,酒自体は飲んでおります。今日は金沢の街中にあるワインカーブ・マルコで買ってみたMASIのワイン。当然イタリア産かと思いきや,アルゼンチンで醸造しているんだそうな。ブドウはピノ・グリージョが60%とトロンテスというアルゼンチンのブドウが40%。随分性格も違うんだそうです。
 かなり冷えたものをグラスへ,ピノ・グリージョの印象とは違う桃やグレープフルーツのようなやや甘い香り。やっぱり性格も違う。うっすらとしているが魅力的な香りなのでとても良い。味の方はピノ・グリージョらしく,水のようにあっさりしているけどやや強めの苦さがキリッと味をひきしめている。夏の熱い時に,こういう引き締まった冷たい白を飲むと順調に杯が進む。難しいこと抜きに満足できる軽めのワインでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 24, 2012

Mergler & Engel Eiswein 2010

 ちょっとしたお祝いでBARのマスターからアイスワインをいただく。ラベルを見るとラインヘッセンのもの。うわ,ドイツのアイスワインじゃないですか。カナダのものはそれなりに手頃だが,ドイツのものは結構値もはるものが多いので初めて。心して頂きます。
 注いでみると淡い黄色。ソーテルヌなんかに比べればあっさりした印象,香りも同様にあっさりでちょっとだけセメダインのような有機溶剤と酢酸化合物系の香り。飲んでみると結構しっかりした酸味と漢方薬のような苦味,そしてもちろんたっぷりとした甘み。アメリカンチェリーのような甘さとクセを持っているように思われた。
 大変美味しかったです,どうもありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2011

Woodbridge Zinfandel

 日曜の夜はワイン日和。本日のつまみはトマトのサラダ,鶏のカレーマリネ,じゃがいものチーズ焼など。トマトなら赤,って訳ではないけど何となくチョイス。ウッドブリッジといえば有名なロバート・モンダヴィさんのワインですな。アメリカ独特のジンファンデルも久しぶりである。
 香りは果物的で甘い。ブドウとかカシスといった「いかにも」の香りだけじゃなくて,アプリコットとかヤマモモみたいなもう少し「みっちり」甘い香りがする。口に含むとそれが一気に樽の木の香りで押し流される。いや,ここまでキツくしなくても良いんでは,といったレベルの樽香。味のほうもその風味に押されるのだが,結構甘さもノッていて,なかなかのもの。じゃがいもにはローズマリーを使っていたのだけれど,時折口の中に広がる強烈なローズマリーの香りに良くマッチしている。美味い。
 アメリカのワインだからか,脂っこい食べ物にかなり合う。バターを塗ったバケットなんかもタマラナイ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2010

Gavi Villa Sparina 2008

 たまにはワインで優雅な日曜の夜を。選んだのはイタリアの辛口ワインGavi。若いときに出会って以来,その爽やかさとしっかりした味わいが好きで,しばしばチョイスする。今回は先日のビストロ=ニカタで持ち込まれ,飲まなかったものをまあ拝借。まあバーターということで。料理は鮭のムニエル・クミンソース。トマトのざく切り,ポテトサラダなど。
 Gaviはかなり苦味のしっかりしたワインである。それが単なる酸味の強いワインと違って爽快さの源でもある。このワインもしっかり苦く,酸もしっかり。香りは青りんごのような青臭さもしっかりした白ワインの香りたっぷり。料理の邪魔もせず,さりとて隠れもしない。2008年のヴィンテージはまだ若いのか,かすかに二酸化炭素が舌の上に乗る。それでいて軽くないのは大変好ましい。
 そういう訳で,優雅な夕べを過ごす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2010

Carmen Semillon 2001

 友近在より来る。デザートワイン持参。で,チリのカルメン。セミヨンのスイートがあるとは知らなかった。
 香り自体はソーテルヌと変わらない。蜂蜜や干しぶどうのような香りだが,味に特徴あり。ちょっとしたクセがあり,それを知らない方には名状しがたいクセだが,これは紛れもなく「センナ」の味である。小さいときに便秘でお世話になった私には,それ以外にないという風味。決して悪いものではなく,個性として楽しめる風味である。
 久々の甘口ワイン。まったりすごす一日にはまた良し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2010

Gosset Grand Millesime 1989&Bourgogne Hautes Cotes de Beaune 1996

02.20(Sun) Gosset Grand Millesime 1989(Wine:Champagne:France)
Bourgogne Hautes Cotes de Beaune 1996(Wine:Bourgogne:France)
 
 白馬のホテル,というか宿泊可能なレストラン(オーベルジュ)トロイメライにて,フルコースをいただく。メニューは次のとおり。

・紅マスの燻製のタルタル ホワイトアスパラガス添え
・温かいトリュフ風味のクリーム ポーチドエッグと共に
・活オマール海老のアメリケーヌ,トロイメライ風
・信州産和牛頬肉の煮込み ブルゴーニュ風
・一皿目の小さなデザート(柑橘のグラニテ)
・信州産リンゴとシナモンのアイスクリームのガトー仕立て リンゴのコンポートを添えて
・エスプレッソ

 まずいただいたシャンパーニュ。スキーツアーの参加メンバーの「お祝い」のために,ゴッセ社のプレミアムシャンパーニュを。ゴッセにはこの下位にグラン=レゼルブというプレミアムがあり,上位にセレブリスというプレミアムがある。グラン=ミレジムはその中間ながら現在の主たる販売ヴィンテージは1996年前後,これはそれを遥かに上回るもの。
 抜栓したそばからレストランの室内に濃密な香りが漂う。香水のビンを開けたような香りが広がる。色は微かなピンクをまとった浅黄色。イーストのような香りはほとんどなく,プラム・アプリコットなどの甘い果実の香り,若干動物的かつ官能的なタイプの香水の香りが乗っている。泡は若干ソフト,アルコールは12度。酸味,苦味,甘味といったものがどこか突出することがない。特に酸味の棘はない。とにかく「いいシャンパーニュを飲んだ」という実感があった。
 もう一本ということで,ブルゴーニュの赤を。オート・コート・ド・ボーヌという場所のブドウで,Jayer-Gillesという作り手によるもの(ブルゴーニュなのでネゴシアンかな)。
 ワインは新樽を使ったものらしく,木の香りがとても強い。最初の香りは平坦ながらきめの細かい赤ワインの香り。コーティングされたステンレス鋼のようなメタリックな香りが個性の強さに拍車をかけている。少なくともニカタ自身は初めて体験する風味である。悪くはないとおもう。フル=ボディというよりは幾分軽い。頬肉の赤ワイン煮込みとのマッチングとしては堂堂渡り合っているので,それでも「ミディアム」というものではないだろう。色は深いルビー・レッド。個性と上質感がキッチリ仕事をしている。

 美味しかった。雰囲気を込みにしても。特にシャンパーニュは絶品である。

追記(2005.02.24)
 ワインのアマチュア・オーソリティーであるわが次兄から,赤の方は情報をいただいた。こういうものだそうだ。Jayer-Gilles(ジャイエ・ジル)というのは大層な名手らしい。この次兄のページからは沢山の情報が手にはいるので,ぜひ訪れられたし。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Marquis de la Cour

2005.01.01(Sat) Marquis de la Cour.(Wine:France)
 新年、昨年は遭遇記の記述が少なかったので。2005年も同じページで。

 お目出度い元旦はやはり泡で。フランスのヴァン・ムスーをチョイス。価格も廉価(1280円)。

 香りはすこーし甘めで、すこしだけ厚みあり。とはいえシャンパーニュのような複雑さはなし。味もさっぱり系で苦味分がしっかり。これに関しては賛成。値段のことを考えればこれは割とイケているタイプかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Beer | bourbon | brandy | others | riquar | sake | scotch | spirits | whiskey | wine