« 備忘録 | Main | 柔軟な知識,柔軟な思考@日心(1) »

September 07, 2005

いい加減な政党

 日曜日は学会のため金沢にいない。そろそろ不在者投票に行かなければならないと思っていた矢先,選挙公報が届く。一応これと,他の資料で投票を決める。
しかし,これがまあ一長一短なので,「確実にダメな」政党から外していく。○民新党なるところをみると。
(成立の背景)
・自由主義と民主主義に立脚した日本人のための政治をする
(公約)
・経済合理性のみにもとづいた弱肉強食の競争原理主義を排除し....

 おいおい,自由主義ってのは「競争原理」が働くのが原則なのでは。資本主義ももちろんながら,その中でも自由主義経済に立脚するというのは,自由競争と利潤の追求は不可避だと思うのだが。この党が考えている「修正資本主義(国家が競争にある程度のブレーキをかけ,安定した保護主義をとる)」のは,そもそも社会主義的な手法を取り入れたわけで...(以下略)。
 政治家ってのは「政治のプロ」だからして,高校の社会,あるいは気の利いた子なら中学生でも知りうる程度の知識くらいあるだろう。そもそも官僚出身の議員も多いのだから,このくらいは公務員試験では常識なのでは?こういう細かいところで,見識のなさを問われるのはどうかと思うが。
 今回は国の累積債務について具体的な公約のない党は×。これで判断することにした。

|

« 備忘録 | Main | 柔軟な知識,柔軟な思考@日心(1) »

Comments

 もうちょっと気の利いたこと、書きなさいよ。大月隆寛のバカ記事にTBされてますよ。兎も角、読んで恥ずかしかったので、一言。米式のセーフティネット論も含めて、福祉や諸保障をまるで用意しない資本主義国家など、今の先進国には存在しないでしょ。荷方先生の言ってるのは、第2インターの頃の話です。「経済合理性のみにもとづいた弱肉強食の」の意味するところ、分かってないよね。
年金、医療、失保、消費税などが典型だが、社会への再分配において、格差を放置拡大するか(米式)、是正するか(欧州型福祉国家)、そこが今回の選挙の論点ですよ。荷方先生も、就職有ったから今のんきに片町に通ってられるのでしょうが、あるいは今頃非常勤生活で国民保険と年金をヒーヒー言って払ってても不思議はなかったんだよ。想像力、欠如さすなよ。
ま、累積債務については、無駄遣いをやめると言うだけでなく、多くは米国への貢ぎ(貸与金)なので、そこへの言及があると確かにいいね。それと、トナミ運輸のオヤブンの政党が良いとは金輪際思いませんけどね。そのあたりは賛成です。SPAMメール対策でアドレスは嘘ですが、よく御存知の隣です。

Posted by: 隣 | September 09, 2005 at 07:43 PM

拝復,おっしゃりたいことは分かります.
もちろん修正資本主義以降,上記のような夜警国家的な存立はありえないわけで,福祉国家の典型たる日本であのような主張となるのはもちろん理解はできるわけです.
 ただまあ,そのコンテンツを見ていただきたいわけですよ,あまりにも陳腐かつ浅薄な言葉が並んでいたので,揶揄を含めて書いたことに気づいていただきたい.
 そもそも実質成長率の低い現代において,昭和30年代のように,インフレによる目減りを期待できたレベルと同等以上の債務引受を行なっていること自体も問題なのです.今となっては,賦課方式の年金制度さえベストといえるかどうか.にもかかわらず,米式とヨーロッパ式の対立軸をおくところも,いまや古いかも.にもかかわらず,昭和期のような結党宣言になっているのが,その党に所属するメンバーの理解を示しているようなので,くさしたわけです.
 余談ながら,どんなに金のなかったころも,国民年金も保険も猶予することなく,乏しいバイト料から出しておりました.確定申告をして住民税も払っておりましたよ.現在の外見から,即座につじつまを合わせるのはさて.....それも,想像力のなせる話ではあるのですが.

Posted by: nikata | September 12, 2005 at 06:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/5825533

Listed below are links to weblogs that reference いい加減な政党:

« 備忘録 | Main | 柔軟な知識,柔軟な思考@日心(1) »