« 脱稿 | Main | 審判前夜 »

December 02, 2005

ギロビッチ博士

大和証券のコマーシャルを見ていたら,出てきた髭を生やした先生。トーマス・ギロビッチ。確率判断のバイアスに関する世界的権威である。こんなところで見るとは,夢にも思わなかった。そうか,こんな先生なのだね。
ノーマン(D.A.),トバスキー(Tversky, A.),そしてこのギロビッチ(Girovich, T.),今から10年以上前,私が心理学を志すきっかけになった研究者である。ノーマンは言うまでもないが,ギロビッチの主著「人,この信じやすきもの」は,人間の思考を実に面白く研究した名作である。思考・認知研究を足を踏み入れたのは,このギロビッチによるところが多い。
決してメジャーな研究者かどうかは分からないが,こういうところで見られたのは楽しい。

|

« 脱稿 | Main | 審判前夜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/7433639

Listed below are links to weblogs that reference ギロビッチ博士:

« 脱稿 | Main | 審判前夜 »