« ありがとうね | Main | つくばを説明 »

January 25, 2006

教員採用試験にコネ

 四国の某県で,県議が教育委員会に特定の個人を採用するよう働きかけたことが分かった。ソースはこちら。残念というか幸いというか,当の本人は採用されなかったようである。採用側の見識と良識が高かったと見たいが,今でもこういうタイプの「コネ」が跋扈するのは極めてよくないと思う。

 実際の問題としては,コネが人事を左右することは少なく,実力の高い学生が採用されていることは間違いないようだが(私の知る限り,採用された学生は優秀である),こういう怪しからぬことをしようとする政治家や,有権者と称する輩が後を絶たないことは憂うべきと思う。
 ただ,こういう「コネ」もある。例えば,非常勤講師をやっていて,とても「先生としてよい」人がいる。採用試験や(大学なら業績か?)がやや芳しくなくとも,一緒に仕事をする上で「欲しい」と思う。こういう際に,内部から採用の希望が出るような「コネ」である。こうなると難しい,四国のケースの場合,個人の能力とは関係ない「手心」だが,後者の場合,試験以外に得られた情報の「価値」が高いことになる。受験機会という意味では不公平であるが,採用の是非といえば,試験だけが上手な個人を採用することは回避される。
 一番良いのは,すべての受験者が同様の能力を評価されるように,さまざまな機会を設けることだが,実際には難しい。さて,どうすればよいのですかね。私自身,こういう問題には明確な答えを持っていない。ごく稀に,大学関係者から「いい人いない?」という意見を求められることがあるが,これも特定の個人に一種の「コネ」を与えることになるのだが,さて,これはいかがなものでしょうか。

|

« ありがとうね | Main | つくばを説明 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/8338951

Listed below are links to weblogs that reference 教員採用試験にコネ:

« ありがとうね | Main | つくばを説明 »