« 「再掲」とリスクヘッジ | Main | 今やってます »

February 11, 2006

誰も寝てはならぬ

 さすがにリアルで見ることはできなかったが,録画でトリノ=オリンピックの開会式を見た。オノ・ヨーコも,アルベルト・トンバも久しぶりに見た。その中でも一番の久しぶりは,イタリアの至宝テノール,ルチアーノ・パヴァロッティ。確かにこの期間中,日本人は「誰も寝てはならぬ」状態ですな。
 相変わらずパヴァロッティは太っていたが,ある時期に比べコンディションは良かったように思われた。80年代は他のテノールと比べても,一枚上を行く歌唱だった。彼のプッチーニは絶品。トゥーランドットは残念ながら録音を知らないが,バーンスタインとの「ラ・ボエーム」など,結構骨の太い良い声を聞くことができる。それを彷彿とさせる歌唱だったのは何より何より。

|

« 「再掲」とリスクヘッジ | Main | 今やってます »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/8611390

Listed below are links to weblogs that reference 誰も寝てはならぬ:

« 「再掲」とリスクヘッジ | Main | 今やってます »