« 対校研究 | Main | 春冷え »

March 12, 2006

新生活 自炊派のための調理用品指南

 大学入試の発表が始まり,卒業式が終わり。街では「新生活セール」に入りつつある(セールといっても,大して安くはないが)。で,近くのスーパーマーケットなどを見ると,いろいろ売っている。いつも気になるのは,トースターとかポットとか,必ず売ってあること。実際に新生活をする学生にとっては,トースターとかいずれ使わなくなるんだよね(朝食をとるのも,1年生のうちか?)。で,独身生活十数年の荷方が薦める「はじめての調理用品」を。

(調理家電)
・冷蔵庫
・炊飯器
・オーブンレンジ
 これだけで十分。冷蔵庫は,ちょっと張りこんで130リットル前後のものを買いましょう。後々10年使えます。これだけは大きいほうが何かと便利。冷凍庫と冷蔵庫は分かれているものの方が断然。そして,電子レンジは是非オーブンつきで。トーストもお湯も,これで十分作れるのです。ちょっと上手になれば,グラタンも焼き物も作れます。今や1万円台半ば,数千円ケチって電子レンジにしないほうが,後々「快適料理上手」になる。

(鍋類)
・テフロン加工フライパン
・テフロン加工鍋(20cm)
・片手鍋(14cm)
 ここも是非とも3つ揃えよう。焼きそばに炒め物,若い君たちの貴重なカロリー源です。カレーは大きな鍋で,味噌汁は小さな鍋で。お茶やコーヒーのお湯も,小さな鍋で沸かせます。実は2人分くらいなら,やかんより早いです。

(調理道具)
・包丁
 ここはケチらず,3000円前後の三徳と,2000円くらいのぺティナイフにしましょう。切れることは大事です
・まな板
・菜箸
・お玉(目盛がついているものを買うと便利だぞ)
・しゃもじ
 炊飯器についてくるのではなく,竹製のを1つ。鍋のものを混ぜるのに便利だし,フライ返しの代用にもなる。
・計量カップ(500ml位の)
・ボール2個と金属ザル1つ
 その他味噌漉しとトングは欲しければ。あると便利ではある。

(その他)
・食器
 茶碗,お椀に皿大小数枚,大小の丼と深めの器があれば十分。後はマグカップとコップ。あと箸ね。
・調味料入れ
 塩としょうゆ,胡椒位はちゃんと入れておこう。塩は大きいほうが便利。
・洗いかご
・ふきんとふきん掛け

 これだけで,1年は十分。そのうち料理が好きになれば,自ずとスーパーで買ってしまうもの。タッパーとかね。

(裏技)
・中華鍋
 フライパンの代わりにこちらだけ買うのは「通の上級者」,実は肉も焼けるし焼きそばも旨い。荷方の自炊生活は,最初半年フライパンなしでこれで通した。
・目玉焼きフライパン
 あるととても便利。一人分のハンバーグならこれでも十分。ちょっとしたソースやスクランブルエッグ,一人分の焼肉もこれで良し。フライパン以上に使える「一人暮らしの友」。

 実際買ってみると,「このくらい?」の量である。しかも,大概の料理はこれだけで作れるものである。難しいのは卵焼きくらいか(あれは卵焼き器が要る)。カップラーメンとコンビニクッキングにならないように,友達に「上手」といわれるように,まあ試してみてください。

|

« 対校研究 | Main | 春冷え »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/9058942

Listed below are links to weblogs that reference 新生活 自炊派のための調理用品指南:

« 対校研究 | Main | 春冷え »