« 現場の前の心理学者(再掲+)  | Main | 自分への根拠のない自信の功罪(再掲) »

April 15, 2006

愛車パサート君

 ちょっと擦ったので修理に出す。で,代車として前の世代のゴルフが来ていた。今一番街で見るタイプのやつである。世界のベンチマークといわれるゴルフ。さていかがなものか。
 インパネその他は我がパサートと共用。内部の広さも十分と見た。確かに生活にはこれで十分である。でも,走ってみるとなにやらチープな音,うーん何というか,エンジンの音というより,モーターが回っているような電気的な音,考えてみればリッターカーってこんな感じだよな。しかしこのゴルフ,1.8リットルの排気量で,我がパサートと変わらない。要は音の対策その他で違うようである。
 翻って我がパサート,実に「重い音」がするし,何せ加速その他の力強さが違う。常々「そこそこ高級な割にはうるさい」位に思っていたが,これはこれで質感の高い音がするらしい。同世代のゴルフとは歴然に違う。改めて愛車を愛する理由ができた。
 とはいえ,今週はフルモデルチェンジをしたパサートのフェアらしい。新しいパサートワゴン,やはり細かいところで質感が高くなっていました。しかし価格は総額で400万オーバー。とりあえずあと3年以上は今の車で持ってほしいところである。頑張れ,パサート君。

|

« 現場の前の心理学者(再掲+)  | Main | 自分への根拠のない自信の功罪(再掲) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/9594353

Listed below are links to weblogs that reference 愛車パサート君:

« 現場の前の心理学者(再掲+)  | Main | 自分への根拠のない自信の功罪(再掲) »