« とろくすん | Main | カツ丼学概論 第5講「カツ丼の美学的一考察」 »

October 03, 2006

新しい敬語

 文化審議会が,敬語分類の新しい提案を行った。ソースはこちら。従来自己の行為を他者より低く待遇することによって敬意を示す謙譲語を,さらに示す行為の主体によって分けて,謙譲語と丁重語にし,また丁寧語のなかで「御」で表せる語を美化語とするものである(大体こう書いても多くの人は難しいだろう,もう少し分かりやすくするとこちら
 この分類はこれまでも日本語学の研究者辺りでは普通に受け入れられているが,なぜ今になって全体をこちらにする必要があるのか疑問。というか,謙譲語と丁重語に,話題とする行為が自分が他者かの違いはあるものの,基本的には「へりくだる」という自己の行為には変わりないわけだし。学校教育などではむしろ「へりくだる」という概念の意味を丁寧に教えた方がよいだろうと思うのだが。
 というか,そもそも多くの人が(年寄りでさえ),正しく敬語が使えているとは限らないのに,さらに理解するためのハードルを上げてどうする!?

|

« とろくすん | Main | カツ丼学概論 第5講「カツ丼の美学的一考察」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/12134549

Listed below are links to weblogs that reference 新しい敬語:

« とろくすん | Main | カツ丼学概論 第5講「カツ丼の美学的一考察」 »