« 学習指導Q&A 授業の時間配分 | Main | 書き物の山 »

October 31, 2006

晩秋

・今季初の「鍋」にする。明後日から学会で冷蔵庫の整理をかねて。もうそういう季節なのだなあ。
・学校の問題だの,企業の不祥事だの,そのたびに「ダメな関係者」がいちいち引きずり出されて叱責を受ける。「もっと優秀な教師を入れろ」「担当者を首にして,良い人材と替えろ」などという話になる。それ自体は「そうなるといいですね」ということになるのだが,果たして日本において,しかるべきところに優秀な人材をおいたとしたら,どのくらい優秀な人材を確保しなければならないのだろう。おそらくは現在の社会の水準では無理であり,確保のために必要な人件費を計上した場合,その優秀な仕事に見合った予算は社会の生産力を超えてしまう気がする。で,そのために必要な教育をして優秀な人材を確保するとしたら,それはそれで莫大なコストがかかるのではないかと密かに心配している。
 結論として,社会的な責任問題は,誰かをつるし上げるのではなく,みんなで持ち合いにするというシステムを構築するのが最も効率的であるような気がする。そのためには,眼前の問題に速やかな判断を下すのではなく,丁寧な結論を出すために「ある程度の時間を与える,ないしは先延ばしも辞さない」という風潮を醸成することも重要なのではないか。

|

« 学習指導Q&A 授業の時間配分 | Main | 書き物の山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/12507013

Listed below are links to weblogs that reference 晩秋:

« 学習指導Q&A 授業の時間配分 | Main | 書き物の山 »