« 論文書きとサイコセラピー | Main | 大学教員の研修 »

October 22, 2006

なんさま驚いたってったい

 九州では絶大な知名度を誇る芸人,ばってん荒川が逝く,ソースはこちら。「そろそろミカンの方もですね,あん(あの)虫の防除ばたい,しとった方が良かろうてですね〜」と,極めて古典的な熊本方言(特に新町近辺の旧市街方言)を駆使する達人であった。限りなく福岡方言に近い荒尾のヒロシじゃどぎゃんもこぎゃんも(どうにもこうにも)ならん。
(3時間後の追記)
 それにしても,亡くなってみてはじめて分かったが,意外にみんなこのニュースに反応があるらしい。mixiのニュースには500件のレスが立ち,某掲示板では早くも2スレッド目が進む。ローカルを超えたローカルタレントだったことが分かる。熊本を離れて15年,ばってん荒川もチビ子も忘れません。高木石材もホープクリーニング(熊本の一クリーニング屋だったが,今では「ホワイト急便」として全国でみられる)も,彼らの熊本弁抜きには思い出しもしないもんね。いやはや,「ぴらーっと」の人気じゃなかったのね。

|

« 論文書きとサイコセラピー | Main | 大学教員の研修 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/12379150

Listed below are links to weblogs that reference なんさま驚いたってったい:

» ばってん荒川さん69歳=俳優、肥後にわか芸人 [芸能☆極秘☆ニュース]
ばってん荒川さん69歳(ばってん・あらかわ<本名・米崎一馬=よねざき・かずま>俳優、肥後にわか芸人)22日、ぼうこうがんのため死去。葬儀は24日正午、熊本市琴平2の1の40の玉泉院南熊本本館。自宅は同市新町3の4の26。喪主は妻美都江(みつえ)さん。 1937年熊本市生まれ。18歳の時に即興喜劇の肥後にわか劇団「ばってん組」入り。19歳のころ熊本弁丸出しの「お米ばあさん」で人気になり、ラジオ、... [Read More]

Tracked on October 22, 2006 at 10:13 PM

« 論文書きとサイコセラピー | Main | 大学教員の研修 »