« 書き物の山 | Main | 福岡にて(2) »

November 02, 2006

福岡にて(1)

・学会で福岡へ,明日に備え今日は飲まずに指定討論の原稿を作ったり,おそらく後で尾を引く科研の書類を書いたり。「ホテルで仕事」の優雅な1日。
 遅い昼食をとった後,ホテルで仮眠をするなど,普段では考えられない「緩やかな缶詰め」。体も頭も少しだけ解放されて調子がいい。
・中洲の西側,春良の東横インの向かいに,「ふじや」という至極当たり前のうどん屋がある。680円でカツ丼を食す。ここ最近の中で最大の「あたり」を引く。カツは豪華ではないが,それでも当たり前のもの。かなり浅めの半熟となった卵もよければ,三つ葉の香りも一応ある。なんといってもちょっとだけ甘口のだしの風味が絶佳。いわゆる「つゆだく」でもある。
 しかし,である。おそらくこの辺では「ごく普通」のカツ丼なのではないかと思う。何人かのカツ丼を調理しているのを見て,一人一人結構煮る時間もまちまちだし。特段凝ったものではない。
 そう考えると,ひょっとすると私の「カツ丼スイッチ」は,この味付けにあるのではないか。関東のような,鰹だしと強めの醤油がベースになるものではなく,こういううどん屋のような鰹と昆布と煮干あたりで出した柔らかなもの。醤油も押さえて,甘みも少し意識して。思いつくのは,関西でも広島でも,そしてあれほどたくさん食べた熊本も。「同じ風味」を持っているようでならない。どうも東と西ではカツ丼を食べたときにつくられる印象が異なるのではないかと思う。これは今後意識してかかるべきポイントかと思う。

|

« 書き物の山 | Main | 福岡にて(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/12527911

Listed below are links to weblogs that reference 福岡にて(1):

« 書き物の山 | Main | 福岡にて(2) »