« 連休カンタービレ | Main | SONY Wビデオ »

January 10, 2007

Deep Reader

ああ,私はダメなやつだ....
おとつい買ってきたばかりののだめカンタービレ16巻,既に4巡目に入っている。暇さえ見つければ読んでしまう。そして今日も一日が終わろうとする...こんなことでは,来週にはセリフ外の文字まで覚えてしまいそうだ。
 大して漫画を読む方でもないが,買った漫画は徹底して読む。結果として,「OL進化論」や「いじわるばあさん」などの4コマに至っては,全巻のセリフを覚えそうな勢いである。そしてこれは漫画に限った話ではなく,漱石や石川達三,小川洋子に氷室冴子と,はまった一冊については実に同じくらい読むのだ。
 これは相当昔からのことのようである。小4の時に地図帳が配給されたとたん,小学校卒業までランドセルから離れることはなかった。そもそも国語の授業など先生の話を聞いた試しはなく,他のページの文章ばかりを見てしまうので,光村図書の物語は今でもかなり諳んじることが出来る。
 学校教育ではこういう「オタク」の読み手になるような読書指導は行わない。でも,世の「本好き」は得てして「中毒者」が多い。学校では読書家は育成できないのではないかとすら思われる。でも,いつの世でも文学や漫画を支えているのは,そういう「ディープな読み手」なのではないかなあ。
 

|

« 連休カンタービレ | Main | SONY Wビデオ »

Comments

私も子どもの頃から同じような読書傾向です.数をたくさん読むというところは決してない(多分むしろこの業界の人間としては少ない方)のですが,大好きな本は何度も何度も読みます.小さい頃は学研の図鑑(特に日本史)が大好きで,多くのページが画像として記憶に残っています.大学入試の時までほぼその図鑑の知識だけで生き延びてましたね.

Posted by: asarin | January 11, 2007 at 06:41 AM

図鑑は「鬼門」ですよね。私も細かいスペックまで覚えてしまうたちです。
(最近は「世界の酒辞典」がお気に入りです)
理科や社会は,授業をよく聞いていたり,教科書にたくさん線を引いている子より,資料集の図版を先生の話そっちのけで見ているような子の方が成績がよかったりします。こういう「オタク」気質はある種の研究者向きの素質ですね。

Posted by: nikata | January 11, 2007 at 05:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/13429236

Listed below are links to weblogs that reference Deep Reader:

« 連休カンタービレ | Main | SONY Wビデオ »