« なぜだ? | Main | どういうこっちゃ!のだめ »

January 28, 2007

研究者規範と先延ばしの能力

「あるある大事典」のニュースがまだまだ続いているが,朝日新聞でこういう記事を見つけた
----------------------------------------
 テレビ番組の制作現場にも「科学者規範」を——。関西テレビ制作の「発掘!あるある大事典2」のデータ捏造(ねつぞう)問題で、日本学術会議は26日、テレビ番組などで科学実験の計画や実施にかかわる人は同会議の「科学者の行動規範」を守るべきだ、とする金沢一郎会長の談話を発表した。
----------------------------------------
 なるほど,科学者の規範を大事にということは,捏造とかはいけませんよということをいっているのですかね。それはそれで十分に大事な事だと思うけど,この「科学者規範」,もっと大事なことも含んでいるような気がする。
 テレビ制作というのは,出来事と「理由づけ」によって成り立つ部分が多いようだ(新聞や他のメディアも同じなのだろうが...)。地方に住んでいると,私のような浅学の研究者にも時折コメントの依頼があったりして,「夏を涼しく過ごすための部屋の色彩について心理学的意見を」とか,「子供が塗り絵をすると脳の活性化になることについて教えてください」とか,「そんなもん答えられねえよ!」ということで丁重にお断りすることが多い。(注)

 どうしてこうなるかというと,研究者は多くの場合「これこれについての答えを知っている」という以上に,「これこれはまだ分かっていない」ということをよく知っているからだろうと思われる。 科学の発展なんて実に微々たるもので,分からないことの方が多い。大体において,世の中のことで分かっていないことの方が多いくらいだ。結果として,その件についてはお答えできるものがありませんということになってしまう。世の中の方は,ここで何かの理由づけができると良いと思われるだろうし,また我々だって何らかお答えできればよいのだけど,答えようがないのである。
 研究者はそれで良いのか?と聞かれれば,良いといわざるを得ない。なぜなら,我々「科学者」は,「分からないことは分からないという」ことに躊躇のない人種だからである。また,分からないことに何となく都合の良い理由づけをすることに極めて敏感でもある。「研究者規範」というのはここにある。
 これを別の言葉で言い換えると,研究者は分からないことは分かるまで先延ばしにする能力をもった人たちであるとしてもよい。たとえば,心理学の研究者であるニカタは,おそらく人間の心の働きについて,その働きの10%も知らないまま,あるいは解明できないまま数十年後には命を全うすることと思われる。それでもいいのであって,私の死後であっても,また新たな事実が発見できればいいのだから。「分からないことは,分かるようになるまで待つ。それがたとえ死後であっても」というのが,研究者規範の1つのベースになっている。テレビと違って来週までに納豆の効果の根拠が分からなくても良いし,残虐な少年事件の原因がその日のうちに解明できなくても良い。じっくり納得がいくまで調べ上げればいいのである。その意味で,研究者は「先延ばし」の能力にも優れている。
 
 ここ数年ちょこちょこと書いていたりもするが,科学技術が進んだといっても,我々の知るところはまだまだ少ないし,また科学技術で説明できない「ほぼ偶発的」なことだって沢山ある。その意味でまだまだ世の中は不可解なことだらけであり,不条理なことも多い。全てが分かるというのがおかしい。だからこと,われわれは「まあ,そのうち」と事態を先延ばしすることによって一応のつじつまを合わせる。この先延ばし(postpone:ポストポーン)こそ,現代に改めて求められている能力の1つなのでないかと思う。
 このポストポーンの能力があると,科学的発見のミスは減るだろうし捏造は減るだろう。そして世の親や管理職は,気長に次の世代を育てられる。理不尽な不幸に見舞われても,とりあえずは身体をかがめてやり過ごすことも出来るかもしれない。お金とか名誉とか以上に,「真理」を探す研究者にとっては,このポストポーンの思想は実は根底に流れているのではないかと思われる。したがって,物事を簡単に解決しないという心構え,翻って崎送るので着る能力は研究者のマインド・規範に必須なのではないかと思う。
 ちなみに,この対極にあるのが「ゼロ・トレランス」かもしれない。短期的には効果の上がる手法だが,先延ばしにしないことで事態のもつ可能性もつみ取ってしまうような気がする。

(注)この手の質問は私が美大にいる心理学者だからということだろう。本当なら「教育再生会議の意見と学力」とか,「原発事故の人的要因」とかなら答えられないわけでもないのだが...

|

« なぜだ? | Main | どういうこっちゃ!のだめ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/13694875

Listed below are links to weblogs that reference 研究者規範と先延ばしの能力:

« なぜだ? | Main | どういうこっちゃ!のだめ »