« コメント無用 | Main | 回復運転はじまる »

May 14, 2007

親学..ねえ..

 教育再生会議が,今度は「親学のすすめ」なるものを出している。素人が見ても「思いつきに過ぎる」内容だったのだろう。出したそばから引っ込めたというお粗末なものとなってしまった。内容はといえばまあ正論のようなもので,それが大きく間違っているものでもなし,さりとて全ての親を縛るようなテーゼになるとすればあまりにも配慮がないだろうとも思う。
 しかしこの「すすめ」の中で一番問題なのは,提案そのものの実に具体的な点であろう。もし具体的な行為について提案するならば,その行為が有効であるという根拠についてきちんと吟味する必要がある。たとえば食事中にテレビをつけないことが,つけた場合に比べどれだけ発達・教育上問題があるかきちんと確認されているのか。実のところこのような提案にどれだけの意味があるのか,きちんと評価できているとは思えない。少なくとも国や政府の発案が,そこらの教育論的な内容で振り回してしまうことの問題を,よく考えてほしいと思う。
 もし私が「親学のすすめ」を提案するとすれば,逆に抽象的なテーゼで正論を述べるにとどめるようにも思う。これなら大きく間違うこともなく,おそらく数多存在するであろう,個々の具体例に対して柔軟に適応するからである(そもそも10個程度の具体的指針で,それを全体とすることが無茶ということでもある)。
・可能な限り子供に対して手をかける。
・子供の教育に対して,自らの創意工夫を大事にする。
・子供の自発性に期待して,辛抱強く「なにもせず見守る」ことも「手をかける」ことである。
 このくらいで十分と思う。要は「頑張りましょう,でもバランスはとりましょう」である。しかしまあ子供のいない私が言っても,説得力はないのだろうなあ。

|

« コメント無用 | Main | 回復運転はじまる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/15070105

Listed below are links to weblogs that reference 親学..ねえ..:

« コメント無用 | Main | 回復運転はじまる »