« 肩こりがひどい | Main | 朝から思うこと »

June 29, 2007

素朴な疑問 夏編

・夏が近づいて随分暑くなった。当然のことながら顔にも身体にも汗をかく。みるみるうちに皮脂でベトベトになる。ということは,冬より夏の方が脂肪の排出量が多いのではないか?とすれば夏の方がダイエットに向いている気がするのだが,どうだろう?
・地球温暖化が問題となっているが,地球には氷河期もあったことはよく知られている。火山活動などで大規模な粉塵が大気を覆うことで氷河期が来たりするのならば,現在のように大気に沢山の塵を放出する現在の状況では,どうして氷河期が来ないのだろう。また,(環境に優しい方法で)氷河期の発生を「軽く」誘発するようなことをすれば,温暖化は防げるのか?
・17歳の力士が名古屋場所前の稽古の際,外傷性ショックで亡くなったらしい。それは心から悼むことではあるが,解剖は新潟大学で行われたという。名古屋と新潟は随分遠いが,日本の法医学業界はそれほど人不足なのだろうか?

|

« 肩こりがひどい | Main | 朝から思うこと »

Comments

>>地球温暖化
うーん,温室効果っていうぐらいですから,
ビニールハウスみたいな状態が現在の大気の状態で,
大量の火山噴出物が覆って氷河期になるのは,あたかも分厚い屋根が太陽をさえぎっているみたいなかんじでしょうか?

Posted by: 中猫 | June 29, 2007 at 10:34 PM

まあそんなものなのでしょう。
ただ,それだけが氷河期の理由とは思えません。
単なる大噴火ではきかないくらい長い時期なのですから。
それが「素朴」に疑問ですね。

Posted by: nikata | June 29, 2007 at 11:10 PM

17歳の子はまるで小林多喜二のようだったのかと想像しました.
これは実家にご遺体を返してから解剖したのでは?

Posted by: asarin | June 30, 2007 at 04:39 PM

>asarinせんせ
ご実家が新潟だったようですね。確認致しました。
古典的な話ですが,リスキーシフトとか,権威への服従とか,
きっとその世界では,「いつもだったら大丈夫」な状況だったのでしょう。
そして,たまたま今回が例外的なものになったのかなと。
ある文化内でのリスク管理とはどう構築するべきか,考えさせられる話でした。

Posted by: nikata | July 01, 2007 at 10:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/15594394

Listed below are links to weblogs that reference 素朴な疑問 夏編:

« 肩こりがひどい | Main | 朝から思うこと »