« 電器店にて | Main | 単発の仕事が好き »

January 09, 2008

質問紙を作りたい

 ちょっと前のエントリ(エクスペリエンス・デザイン)でも触れていたことだが,「経験価値」といった側面にもっと光を当てるのは面白そうだなあと思う今日この頃。特に,購入したモノに対してもつ満足度といったものが,個人の中のどのような経験によっているか測ることは面白いかなあと思ったりする。
 これと関係のある事柄としては「ナラティブ・ベース」という考え方があるかと思う。ナラティブとは,個人内の「物語的」な側面を指し,量的というよりも質的な世界に焦点をあてている。臨床心理学では比較的使われる概念であるが,バリバリ認知の世界でも「質的検討」といえばそれなりに通りは良いような気がする。
 さて,経験価値といった概念を測定し,さらに「個人内の物語」といった側面をどのように掘り下げるか?研究としてはそれなりに「まとまった」ものが必要かと思われる。場合によっては博士論文くらいのボリュームがあるのではないかと。

 ニカタもそろそろ類推ばかりやってないで,こういう研究も良いなあと。では,まずはどうやればよいのだろう?
 まあ目に見えない概念を調べるというのだから,まずは自由記述でパイロット・データを集め,その中から面白そうなところを見いだして質問紙にし,因子分析のきくようなデータを集めるか,いくつかの要因を特定して,購入満足度のような従属変数を予測するなんていうのが心理学の「正攻法」のようにも思われる。ただ「バリバリ認知」の私,この辺りには幾分疎いので,さてどうしたものかと...
 まずはエクスペリエンス・デザイン(ないしは経験価値)に関連しそうな自由記述データを集めることかなあ。よく分からないけど,こういうパイロット・データは学会発表などできるものなのだろうか?
 いろいろ考えて今日のところはひとまず終了。もう少しゆっくり考えてみよう。

|

« 電器店にて | Main | 単発の仕事が好き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/17633781

Listed below are links to weblogs that reference 質問紙を作りたい:

« 電器店にて | Main | 単発の仕事が好き »