« 信州スキー | Main | 人生観と恋愛観と心理テスト »

March 17, 2008

包丁を研ぎに出す

 ここ5年ほど,包丁はヘンケルのものを使っている。大体こういうやつ。で,研ぐのは自信がないので,京セラのセラミック・シャープナーというのを使っているのだが,さすがに切れは悪くなるものである。
 金沢のスーパーでは,研匠 光三郎という包丁研ぎの出店がたまにあって,今回初めてお願いをしてみた。18cmの長さで600円である。さすがにプロは見事ではあって,一発で切れる包丁になって帰ってきた。グラインダーを使って研ぐので,研いだ後の刃がかなり摩耗感のある見た目になるが,気にならないならこれで十分かもしれない。
 そう考えてみると,自分で砥石を使ってみようかなと思ったりもする。もし失敗したら再度お願いすれば良い訳で,逆に慣れて上手になればいつでも切れ味の良い包丁が使えることにもなる。ひょっとすると割と楽しい「趣味」になるかもしれない。

|

« 信州スキー | Main | 人生観と恋愛観と心理テスト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/40536873

Listed below are links to weblogs that reference 包丁を研ぎに出す:

« 信州スキー | Main | 人生観と恋愛観と心理テスト »