« NHK交響楽団 金沢公演2008 | Main | 同類はどこにでもいるものだ »

May 30, 2008

朝から数千円の...

・朝食は頂き物の国産マンゴ,義理の姉のご実家は八百屋さんで,それはそれは大変美味しい果物を送って下さった。で,あの数千円相当の国産マンゴ(鹿児島産)を贅沢にも朝から一個。どこまで食べても甘く,かぐわしい芳香を放つ。こんな贅沢はない。そして,夕食後より,酒の伴より,実は朝食に頂くのが一番その味を正確に知ることが出来るのではないかと思う。本当にありがたい朝である。
・朝からパタパタと外で音がする。なんだと思ったら,お隣の可愛いお嬢さんが回覧板をもってドアをノックしている音であった。ノックというより「パタパタ」。朦朧としている顔を出来る限り笑顔に作り,大きな声で愛想を振りまく。そう,町内に住むということは,朝から元気でなくてはならないのだな。
 こちらは数千円,というよりプライスレスの愉しみ。

|

« NHK交響楽団 金沢公演2008 | Main | 同類はどこにでもいるものだ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/41368869

Listed below are links to weblogs that reference 朝から数千円の...:

« NHK交響楽団 金沢公演2008 | Main | 同類はどこにでもいるものだ »