« くたくたくた | Main | NHK交響楽団 金沢公演2008 »

May 27, 2008

これは面白いぞ!

 某所でマイミクkit先生と遭遇,書籍に関しては絶大な見識を誇る先生から見せてもらった本で, “GALLOP!”を見せてもらう。絵本なのにページを動かすと動画的なモーションが見られるというもの。原理は黒と透明の縞越しに数パターンの線画パーツがずらして描かれており,縞越しに見えている線画パーツの部分だけが近くされるというもの。4パターンもあればかなり精巧なモーションが見られる。また,線画の白と黒の部分の密集度も絶妙に変化させてあり,こちらも4階調ほどのグレイスケールに見えるようになっている(並置混色による色のブレンドネスによるものである)。
 運動知覚と混色理論の実に良くできた教材として使えそう。本当ならば触発された学生がもっと大きなものを作ってくれたらなあと思ったが,どうも制作原理自体にもパテントがかかっているらしく,迂闊に新しいものが作れない可能性がある。
 現在の所日本ではほぼ売り切れ状態(ラッキーでしたね,kit先生),手に入りそうになったら教材としていくつか買っておこうかと思う。

|

« くたくたくた | Main | NHK交響楽団 金沢公演2008 »

Comments

情報ありがとうございます.とある高大連携の授業で錯視実験をやることにしていて,あれこれと素材を集めていたところだったので,大変参考になりました.

米アマゾンで送料込みほぼ$20でしたので注文しちゃいました.日本でも大体そのくらいになりそうだったし,すぐ買わないと忘れてしまいそうなので….

Posted by: asarin | May 28, 2008 at 08:30 AM

>asarinせんせ

 アマゾンは日本でもいちおう手に入りそうですよ。1600円くらいでした(もう遅かったですね...スミマセン)。カナダの絵本なので,カナダドルで換算してもらうのが一番安かったようです。
 中身自体は錯視というより,手の込んだ仮現運動に近いと思います。

Posted by: nikata | May 28, 2008 at 09:24 AM

あら,そうでしたか.下手こいた~(死語)
人間の視覚とはかくもへんてこりんなものか,ということを体験的に伝えられる素材がいろいろと欲しかったので,タイムリーな情報に感謝しております.

Posted by: asarin | May 28, 2008 at 11:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/41337705

Listed below are links to weblogs that reference これは面白いぞ!:

« くたくたくた | Main | NHK交響楽団 金沢公演2008 »