« 6月1日の誓い | Main | スケジュール管理 »

June 03, 2008

TOT

 泣いている顔文字ではない。TOT(Tip of Tangue:舌端現象)といって,喉まで出かかっているのに思い出さないような状況を示す記憶研究の用語である。我がお師様がここ数日これに引っかかっていらっしゃる。お教えするのは悪いと思い,ヒントだけ提供。ポイントは「アラン」なのであるが,お師様。アラン=ケイ(有名なコンピュータ研究者)の方を想起なさる。

 これはまずい,類似したノードが活性化されるとそちらの方に固着が起こり,さらにターゲットとなるノードが抑制されることになりかねない。どうもスミマセンでした。

 しかし,このTOT,どのようなメカニズムなのだろう。何らかの形で検索に抑制がかかっている状態なのだが,面白いことに肝心のノード以外の周辺表象はとても良く思い出すことが出来たりする。先生の例でいえば,同性愛者だったりある機械が知的であることを判別するテストの存在があったりは十分に思い出せるのである。単なる順向抑制や逆向抑制でないことは確かな感じもあるのだが...もし詳しい人がいたら教えて下さい。というか,レビューなどの文献があれば,それでも良いのですが。

|

« 6月1日の誓い | Main | スケジュール管理 »

Comments

コメントありがとうございました。
教えたくてうずうずしますよねえ。

Posted by: itou | June 05, 2008 at 12:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/41417680

Listed below are links to weblogs that reference TOT:

« 6月1日の誓い | Main | スケジュール管理 »