« 中古漁り | Main | 明らかに問題がある話2題 »

December 10, 2008

雑感いろいろ

・本当に不況だなあと毎日感じる。休日にデパートに行って,お目当てのコーナーに行くまで誰ともすれ違わないという状況は,驚きを通り超える。
・そんな中で,「派遣切り」というのが問題になっている。もちろんそれは大変な問題なのだが,そもそも企業にしてみれば「いや,こういう時のために正社員を減らす目的でこうしておりまして,どちらかというと本当にそれが功を奏しているわけで...」ということであろう。少なくともこの構造はもとからあったわけで,ではこれまで我々はどう考えていたのだ,と逆に詰め寄られても仕方あるまい。
・首相の「高所得なのに給付金を貰おうとするさもしい考えの人は..云々」の発言で,「国民をさもしいというのか」と怒るのは,ややミスリード。あくまでさもしいのは「高所得なのに貰おうとする」ことであり,低所得層に配慮するというのはまあさもしくはないのだ。もちろん当の首相の腹の中がそういう失礼な感覚でいたというなら,それはもちろん問題だが。
 ただ,ここで苦笑を禁じ得ないのは,そういう思慮のない政策をそもそも出してくるなよ。ということ。誰であれ「さもしい」人を産み出す政策って一体なんだよ!と怒りを感じるのはまあ妥当であり,本来ならその長であるご本人は,本当に頭を抱えて良いのではないかと思われる。

・こういう時は本当にお金が大事なわけで,政府はできる限り徴税を徹底し,債務を増やさない範囲で税金をたっぷり使うことに意味があろう。国民はといえば,(払える人は)きっちり納税し,貯蓄したい思いをグッとこらえて,使えそうな分は消費に回すことも大事だろう。
 もっとラディカルなことをいえば,所得の再分配という意味でも,高所得層の税率は昭和の頃に近づくように引き上げる(現在は最高40%,1987年には最高は60%だったのだ)。そして生活必需品ではないものには物品税をかけてはどうかと。そうすれば海外の高級時計を買う輩も減って,安くて品質の良い国産に回帰しそうなものである。
・私たちが小さい頃,外食といえば「年数回のイベント」であり,外国製は「高級品」であり,総じて「つつましい『中流』」であった。危険なことを言っているのかもしれないが,われわれはその時代くらいまで,感覚を戻しても良いのかもしれない。

|

« 中古漁り | Main | 明らかに問題がある話2題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/43376795

Listed below are links to weblogs that reference 雑感いろいろ:

« 中古漁り | Main | 明らかに問題がある話2題 »