« 昨日から今日にかけての驚き3題 | Main | 早起きの朝 »

January 15, 2009

ハントンライスレポート(2009年第1版)

 昨年3月に新装版をだしたハントンライスレポート。さらに改訂が必要になってきたので2009年版を出すことにした。記述はアイウエオ順。写真などは他のブログを参照されたし。
 今後としてはぶんぶん(泉)が残されている。他にもご存知の方がいればお教え願いたい。

・石橋屋(石引)
 学生街にあるお好み焼きなどの店。驚くほど安く,量もかなり多い。内容はといえばかなり普通のもので,こちらはサウザンは使用されていない。
・いなばや(小橋)new
 うどんや定食を主とする町のお店。こちらはその高く盛られたケチャップライスから驚かされる。上に載っているのは海老のフリッター。タルタルではなくマヨネーズがお好み焼きのように美しくかけられている。このお店,ラーメンも出しており,スープはチャーハンについてくるような中華風となる。
・グリル・オーツカ(片町)
 一部ではハントンライスのベンチマークと噂される有名店。量は相当多いです。ライス・揚げ物含め少々脂っこいかなという感じはする。これも廉価。がつがつ食べたい方にはお奨め。
・キッチンすぎの実(石引)
 現在のところ私のデフォルト。適度に作られたケチャップライスと,これまた適度な卵。そして適度な白身フライとサウザンソース。これで630円。個人的にはこれがハントンライスの「ベンチマーク」と言っても良い。
・キッチン・ポーレ(久安)
 黒いソースでライスを作る「黒ハントン」が有名。で,その個性で満足する。こればかりだと飽きるのかもしれないが,時々これをチョイスするとアクセントが効いていて良い。
・キャベツ(駅西)new
 洋食店として質の高い料理を提供する店。こちらはマーガリンを多く使ってベースとなるライスを炒めるので,他のものに比べ風味に違いがある。この香りでかなりボリューム感を感じることになる。魚にエビフライとタルタルソース。バランスがとれている。さらにスープとサラダがついて昼は800円。
・銀座ライオン(柿木畠)
 銀座ライオンなど,全国的な店だというのに,やっぱり,ある。ハントンライス。こちらは「盛りつけられた野菜」がポイントで,ハントンライスの横のキャベツの千切りやそれにかかっているドレッシングなどがアクセントとなっている。実のところこれを良しとするかハントンライスの風味とバッティングすると考えるかで,かなり好みは分かれようと言うところ。ちなみにビールも頼んでみたが,つまみとしてはイマイチとしか言いようがない。


・ゲンザ(進和町)→閉店
 ここはカツを使ったハントンライスで,かなり重め。全体的に仕事は丁寧で,食べ応えは十分。
・さか井(尾張町)
 古い町にひっそりとある洋食店。ボリュームはまあまあ,かなり脂っこい仕上がりになっており,こちらもサウザンソースはなし。お値段はかなり手頃。
・汝無知(松島)
 こちらも喫茶店のハントンライス。たまたま白身が切れていたらしく,エビフライのハントンライス(多分ラッキーなのでは)。エビフライがずんぐりむっくりで食べ応えあり。卵はギリギリ半熟という結構技術的なところも見せる。ケチャップライス自体は普通の典型的なもの。ケチャップとタルタルソースが嫌味ない程度にあしらわれており,これはこれで良い。
・ビストロ・シャレ(南町)
 硬めに炊いたライスと,たっぷりのケチャップによって作られたご飯が,分量以上の食べ応えを与える。フライは小エビで,かつサウザンソースが乗っている。またケチャップとマヨネーズのデコレーションもある。これに結構分量のあるサラダが別に提供されて780円,お得感はとても高い。「すぎの実」「ラッキー」とともに,ハントンライスの入門編として奨められるのではないだろうか。入門編の店として街中というのもポイントである。
・ホアンカン(入江)
 昔ながらの喫茶店を今に残す店で,スパゲティなど定食類も充実。ハントンライスの方は,ピラフベースでこれもまた懐かしいタイプの味が楽しめる。量は普通に見えるのだが,これも相当お腹にたまるタイプ。野菜やみそ汁の方もバランスにあっている。結構お奨めかも。
・ホームくっく・わかばやし(新竪町)
 こちらもボリュームたっぷり,しかも廉価。上に乗っているのがキュウリである点がポイントか。もっとも「家庭の味」的なハントンライスと密かに思っている。
・洋食屋 Shin-Zi(旭町)→めいぷるキッチンから改称
 旧メイプルキッチンでの評価は。とにかくボリューム感高し。白身フライだけでなく唐揚げもついており,それにもソースがかかっているのは評価が分かれよう(私は嫌いではない)。店舗が変わってフライもののバリエーションが変わり,どかっと乗っていたタルタルソースも若干少なくなった。標準的なものに近づいて,評価はしやすくなったように思われる。
・ラッキー(横山町)
 兼六園の下にあり,本ページでも検索回数の多い洋食店。味は中庸なハントンライス。最も「手作り感」が高く,卵の香りが良くする。古きよき洋食店の伝統を守る店主のスタンスが垣間見える。

|

« 昨日から今日にかけての驚き3題 | Main | 早起きの朝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/43747196

Listed below are links to weblogs that reference ハントンライスレポート(2009年第1版):

« 昨日から今日にかけての驚き3題 | Main | 早起きの朝 »