« 寝酒ないしはネット酒 | Main | セシル・マクビー »

February 10, 2009

近道の条件 ~道一本分の最適化~

 引っ越して一年余り,通勤には同じ道を使っていた。大きな道を通ると朝夕は混雑する。行きと帰りでも一方通行その他で違いがある。金沢の人にだけわかるレベルで話をすると,ここのところ行きは武蔵が辻ー下堤町ー白鳥路ー材木町ー賢坂辻ー椿原神社という「裏道ルート」。最近になって,白鳥路を通らず,NHKの横を通って検察庁に出るようにすると,信号に止められる回数が減少することが分かった。毎日のことなので,このストレスの低減は大きい。道一本の違いだが,実に面白いものである。
 そういう話をしていたら,昔こういう日記を書いていたことを思い出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2002.04.26 近道
 本日は飲み会(歓迎会)。なので自動車通勤ではなく、歩く。鼻の利くままに歩くと、これまで知っていた道より圧倒的に近い近道を見つける。距離としては約半分くらいか。家から学校までのほぼ直線ルートに近い。でも学校は丘の上にあるので、坂道の傾斜は圧倒的に強い。両手にバッグを持ってずかずかと登ったら、息切れ・動悸を覚える。情けねえなあ。

 元々近道探しが大好きである。車を走らせていても、裏道の開拓に余念がない。とはいえ、単なる裏道好きは近道の求道者とはいえない。僕としては近道には次の規定要因があって、それらの関数からできていると思う。

1)距離の要因:近道はできる限り最短のルートをたどる

2)時間の要因:近道はできる限り最短の時間拘束で目的地へ着く

3)ストレスの要因:近道は、運転者(traveler)の精神的負荷を最小にする。
→あまり細い道は緊張するし、スピードが出せる道でも頻繁に信号で止められるといらいらする。これが少ないというのも重要

 おそらくこのストレスの要因には下位の関数構造があると思う。この辺りがはっきりすると面白いと思う。どこかの大学生さん、卒論でやりませんか。調査をして因子分析で下位構造を同定するとか、重回帰分析で「近道度」を予測するとか。研究に手を貸しますよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 タクシーの運転手さんはこの辺の事情が良く分かっているらしく。今回「最適化された」道をよく通っているらしい(事実,自分で知ったのもたまたま個人タクシーに乗って学校へ行ったからであった)。その道のプロはやはりプロなんだろうねえ。

|

« 寝酒ないしはネット酒 | Main | セシル・マクビー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/44018018

Listed below are links to weblogs that reference 近道の条件 ~道一本分の最適化~:

« 寝酒ないしはネット酒 | Main | セシル・マクビー »