« 初頭努力 まだまだ | Main | あちこち出向く&今日の小ドジ »

May 24, 2009

口水鶏に関する覚書

 口水鶏という料理がある(「こうすいどり」と呼べばいいのか?北京語では「kou-shui-ji」らしい)。辛いがとても美味いらしいと某中華料理屋の店主から聞く。ならば作ってみようと思い立ったのが先日。あちこちのレシピを参考に作ってみた。まあまあ美味かったのだが何となく違う。そこで今日は自分の感性で作ってみた。

 1)花椒は粉末にしておく,ニンニクと生姜のみじん切りを胡麻油でさっと炒め,その油に豆板醤を通す。
 2)花椒,辛味油,醤油,砂糖,ラー油(リキンキの具入りのものの具の方を)と好みで酢少々・酒少々。今回はペニンシュラのXO醤を少し加えた。
 3)塩辛すぎるときは薄くならない程度に加水。私はやった。
 4)茹でた鶏とキュウリの上に。

 美味い!ビールがあったらとんでもないことになる。本当によい出来だった。

 油脂と塩分が多いことを気にする向きもあるかと思う。しかし,実際はソースのほとんどが皿に残ることになる。ソースそのものをご飯にかけてみる,などの無謀な試みをしないことを勧める。鶏はモモ肉が美味いが,私のように現在生活改善運動中の場合,ささみや胸肉でも十分にイケル。ポイントとしては,ニンニクと生姜のゴールデンコンビがどちらも外れてはいけないこと。花椒は多いかなと感じるくらい入れること。であろう。
 私は鶏皮部分をはずし,こちらは別に焼いて脂を落とした。トッピングに大変良い。

|

« 初頭努力 まだまだ | Main | あちこち出向く&今日の小ドジ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/45116090

Listed below are links to weblogs that reference 口水鶏に関する覚書:

« 初頭努力 まだまだ | Main | あちこち出向く&今日の小ドジ »