« 二日連続呑まず | Main | 学会in京都 »

August 26, 2009

二次元が嫌い? 新しいもの好き?

 アニメーションが楽しかったのは小学生まで,漫画も昔に比べれば「お付き合い程度」。考えてみれば映画も昔以上に遠い存在で,最近は女優さんの名前も怪しい。おまけに同じようなリズムやフレーズが並ぶテクノやヒップホップもどうも苦手。ちなみにAVもどうもピンと来ない。
 年齢を重ねて,そういうものがダメな歳になってきたのかなあと思ったりもするが,同世代にもこれらのファンは多い。何が問題なのかつらつら考えていて,何となく分かってきたこと。私はどうも「既知感のあるもの」とか,「繰り返し」というのが苦手なのかもしれない。上記のもの,沢山経験すればするほど,一つ一つが「これまでも経験したもの」に見えてくるからである。

 食べ物も同じ傾向があって,同じ店で定番を食べるより,知らない店の不味いものの方がまだ楽しいかも。お酒にいたっては同じ銘柄をずっと飲むのは苦手。おそらく人間関係もそうで,毎年違う学生に出会うこの仕事が本当に良かった。

 何というか,対象が典型的に表現され,デフォルメによって細かいディテールが見えにくくなった世界より,細かく陰影のあるリアルな世界の方が好きなのかもしれない。

 いや今回はまったくロジカルではなく,ただの雑感。Perfumeのライブを見ていて,まるでアニメやテレビゲームを見ているような気になり,たまたま書いてみただけのこと。

|

« 二日連続呑まず | Main | 学会in京都 »

Comments

こんにちは、また失礼いたします。
いつもブログを拝読させていただいて「ふ~ん、そういうものの見方もあるんだな」と視野がひろがったような思いで楽しませていただいてます(実際にひろがっているかは、私の理解力の乏しさゆえに疑問ですが・・・)。

1月にテレビが壊れて以来テレビのない生活を続けてますが、たまに外で目にすると画面の全てがどれもこれも同じに見えるというか、画面の登場人物たちが何かやたらがむしゃらな感じがして虚しささえ感じることがあります。番組によるのでしょうが、特にバラエティ番組にその傾向を強く感じます。今日のブログを読みながらふとそんなことを考えました。

Posted by: ぷにょ | August 26, 2009 at 01:54 AM

>ぷにょ さま
番組も「均一化」が進んでいるのかもしれませんね。
どこを見ても,食べ物とクイズばかりです。
小さい頃,祖父母がそれを嫌ってNHKに傾いていた理由が何となく分かります。

Posted by: nikata | August 26, 2009 at 09:37 AM

NHK寄りのわたくし、そういえば連想ゲームは好きでした。
わんわん、にゃんにゃん♪

Posted by: emily | August 26, 2009 at 12:35 PM

>emilyねーさん
あれは思いっきり3次元ですかねえ。

Posted by: nikata | August 26, 2009 at 09:01 PM

わかりにくくてごめんちょ。
3次元についてのコメントではございません。
NHKの中ではそんなに多くなかったクイズ番組だったけど、連想ゲームは好きだったよってことを書きたかったの。

Posted by: emily | August 28, 2009 at 01:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/46030970

Listed below are links to weblogs that reference 二次元が嫌い? 新しいもの好き?:

« 二日連続呑まず | Main | 学会in京都 »