« 月曜日は花を買って(10月編その2) | Main | 障子張り »

October 27, 2009

漫画・アニメの「お約束」集

 教養科目で教えている心理学(2)では,メディア理解とか情報伝達の認知的うんたらかんたらなどを教えている。以前は「メディア心理学」っぽい話だったが,最近段々学生の興味も分かってきて,一話完結オムニバス形式で色々話している。前回の講義は映像理解,明日の講義は「漫画・アニメ」。話としては人間がいかに物語理解のために知識駆動型処理をしているか,あるいはステレオタイプなスキーマをもっているかというもの。個人的には「スキーマ」という言葉の乱発は好きではないが,そういう資源を利用していることである。
 で,ここ2年ほど学生に聞いて回った漫画・アニメの「お約束」。今年は資料にしてみた。内容としては大変納得のいくもので,大変興味深い。うちの学生は絵を描くのが上手だから,こういうときにはとても威力を発揮する。
「yakusoku.pdf」をダウンロード
 ところでこのお約束にも,恐らく「歴史的変遷」はあるようで,たとえば「肉類は両側に骨が付いている」のような園山俊二的な指摘は学生からなされない。そのうち使えなくなる資源もたくさんあるだろうと思われる。私たちの学生時代,留守電が点滅しているのをみて,恋人からの電話をイメージするシーンが沢山あったが,もう今の学生には想像のつかないシーンだろうなあ。
 今年は学生に,これらのお約束がどれくらいイメージできるか,あるいはどのくらい「リアルに体験したことがあるか」なんかを聞いてみるのも面白いかも知れない。


 


|

« 月曜日は花を買って(10月編その2) | Main | 障子張り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/46596674

Listed below are links to weblogs that reference 漫画・アニメの「お約束」集:

« 月曜日は花を買って(10月編その2) | Main | 障子張り »