« 昼飲んだ酒 | Main | 「数学嫌い」にかんする若干の考察(再掲) »

October 05, 2009

ラーメン評価の第3軸に関する私見

 最近ラーメンに関して私がちょくちょく愚痴っぽくなっているのは,Twitterなどでも既に告白済みである。金沢ではここ数年でも相当数のラーメン店が開店しており,いくつかの「人気店」も生まれているが,それらの店に見られやすい傾向として

・スープが相当塩辛い
・麺が極太だったり,アルデンテだったりする
・盛りがやたら多い
・脂や魚粉や香辛料など,風味を決定する副材料がこれでもかと入っていたりする

 などなど,要するに「くどい(北陸弁のそれではない)」ラーメンが受けているようである。そして最近の私はといえば,こういうタイプのものが殊に弱くなっていて,残したり午後中快活でいられなかったりするのである。これを毎週食べることの出来る御仁を見ると,「健康は大丈夫か」と心配したくなるくらいである。

 さて本題に入ろう。これまでラーメンガイドなどをみると,大体2つの軸で解説がなされることが多い。第1軸として(こってりーあっさり)の味覚に関するもの,第2軸として「太麺ー細麺」の麺に関するものである。しかしながら上記のような理由で,これとは異なる認知的要素が存在することを新たに提案する必要があるのではないかと考える。
 そこで,ラーメン評価の第3軸として(過激ー穏健)の因子を付加することを提案する。ちなみに,この軸において,全国的なチェーン店(くるまや・八番・味千・一風堂)は比較的穏健に傾くことが多いと予想される(多分,山岡家などが例外となる)。これを調査の上,全国的な評価基準として確立することを期待して,本研究の序とする。

|

« 昼飲んだ酒 | Main | 「数学嫌い」にかんする若干の考察(再掲) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/46400236

Listed below are links to weblogs that reference ラーメン評価の第3軸に関する私見:

« 昼飲んだ酒 | Main | 「数学嫌い」にかんする若干の考察(再掲) »