« 予定の狂う一日 | Main | 秋の夜長に読書 »

November 09, 2009

味付炭水化物讃

 本日の昼食,友人と洋食屋で丼物(ライス小)。昨日,冷麺。一昨日,サンドイッチ。一昨々日,チャーハン,その前の日,学食で総菜におにぎり。よくよく考えると私のご飯,ご飯1膳とか,食パン2枚のような素の炭水化物が本当に少ない。学食に至っては毎回おにぎりをつけている。いや,よくよく考えなくても,私はご飯に味が付いている方がよいのだ。
 世の中にはご飯の好きな人というのは沢山いて,そもそも丼にもって米の味を楽しむ御仁もいる。少しのおかずがあれば何杯でも,という御仁の楽しみ方が理解できないではないが,個人的にはまずやることはない。そばもざるそばよりは冷たいぶっかけのようなものが良いかも。この,炭水化物自体を楽しむ人とそうじゃない人の間というのはどうちがうんだろうと,隣の大盛りライスの人を横目に考えるお昼時であった。

|

« 予定の狂う一日 | Main | 秋の夜長に読書 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/46717505

Listed below are links to weblogs that reference 味付炭水化物讃:

« 予定の狂う一日 | Main | 秋の夜長に読書 »