« こうしゅ~えん!こうしゅ~えん! | Main | 3/3日のお弁当 »

March 03, 2010

輪島へ宴会旅行

 土日に町内の納会で輪島「高州園」へ,わがパサートも40〜70代のおじ様を乗せて能登を北へひた走る。2時間弱で輪島へ。
Blog83

 この季節の北陸,雨が降っていない状態なら好天と考えよう。折しも発表された津波とは全く関係なく,ただ単に荒めの海。割りあての部屋は広間,二の間,洋室がある大変良い部屋。っても夜には二次会場となるため,それを見越してのことである。4人以上で泊まれば大変割安。風呂はナトリウムイオンや塩素イオンが多いと明らかに分かる弱アルカリ泉。良く温まってまずまず。
Blog84
 
 風呂に入れば宴会。宴会前から皆さんビールだお酒だとノリノリ。で,生まれて初めて「仲居さん以外の方がお酌をしてくれる」宴会を経験(あ,芸妓さんはあるけど)。もちろんあくまで良俗に反するものではない。恐るべし60代男子。
 二次会でもしっかり飲む。とはいえ明日も運転手。日が変わる頃にはお茶に切り替える。
 Blog85
 

 翌日もウエットな1日。輪島に来たからには朝市。事前に朝市通りの蔵元日吉酒造に連絡を入れ,みんなで酒蔵見学。小さな蔵なのであっという間だが,酒粕の良い香りもして蔵らしい。古い建物だが内装は新しい。数年前の能登沖地震で大打撃を受けたこの辺り。どこも崩壊した部分を丁寧に修復してある。そんなこともあって今輪島の町は大変美しい。金沢よりも整然とした町並みで歩く甲斐は十分。
 色々と見て歩くのだが,干物12枚1000円は一人暮らしの私には多すぎる。さっきの日吉酒店で4合瓶を買い,おばあちゃんが売っている手作りの柚味噌200円を買ってオシマイ。ああ金のかからないオジサンだこと。
 そのまま金沢へ,とはいえ昼ご飯くらいはどこかで。幹事さんのチョイスは途中にある能登空港。ここに作ってどうするの?という日本中の思いをよそに,搭乗率は地方空港の中でも良好。空港の中に県の行政機関も入って,それなりに人がいるように見える。旅館のバスや乗り合いタクシーなどがならび,力と心を込めて搭乗率の確保に努められている。石川県の観光,この辺りの努力が実を結んでいる。
Blog86

 朝ご飯も結構沢山で大変だったが。ここは評論家の名誉にかけてカツ丼を(ライスはもちろん小)。意外に美味かったし,850円の価格もまずまず。
 後は金沢に帰るのみ。今度はひたすら南下。津波よりも速く到着。皆様お疲れ様でした。この納会,毎年この時期に行われる。来年はどこになるか未定だが,山の中の鄙びたところなどどうでしょう。そして,仲居さんしかお酌をしない...

(後記)そのお酌をしてくれた美人。翌日は土産物屋でテキパキと働いてらっしゃいました。能登の女性は働き者です。

|

« こうしゅ~えん!こうしゅ~えん! | Main | 3/3日のお弁当 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/47712586

Listed below are links to weblogs that reference 輪島へ宴会旅行:

« こうしゅ~えん!こうしゅ~えん! | Main | 3/3日のお弁当 »