« いきなり春全開 | Main | 帰ってきた 今日のお弁当〜ほぼ和風〜 »

March 20, 2010

ハタハタ

 食材の買出しにジャスコへ行く。処理済のハタハタが5尾で198円。近年ハタハタに不自由しない日本海側ということもあり,一山幾らで売られているとなかなか買いにくいのだが,これなら多分一回で大丈夫。一番少なそうなものを買う。家に帰り,醤油と酒,味醂に昆布だけでちょっと味濃く煮付ける。卵はないが大ぶりのハタハタ,じっくりと頂く。
 ハタハタには恩がある。多分にもれず魚にはちょっと抵抗のある幼少期,家族の多い我が家で鯛を丸まる一匹焼いて夕飯に供されても,「目だけ食べておしまい」の子供である。その私が初めて「美味しい」と自発的に思ったのは,婆さんが炊いたハタハタだった。年寄りらしく醤油が強かった煮付け,身離れが良く皮の部分も程よくゼラチン質。「こっくり」という言葉がもっとも似合うハタハタ。私にとって魚が条件なく食べられるようになったのはハタハタのおかげである。
 その後不漁となり九州まではなかなか届かなくなり,実のところその後しばしば食べたわけではない。私が大学の頃には秋田で暫く禁漁にすらなった。その意味でもハタハタとの出会いは貴重。
 幸せな気分で週末を迎える。ハタハタよ,ハナハダ感謝しているよ。

|

« いきなり春全開 | Main | 帰ってきた 今日のお弁当〜ほぼ和風〜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/47861118

Listed below are links to weblogs that reference ハタハタ:

« いきなり春全開 | Main | 帰ってきた 今日のお弁当〜ほぼ和風〜 »