« 四芸祭でした | Main | そうなんですね,やっぱり »

May 25, 2010

失恋の痛手は向かい合いやすい?

Blog125

・本日の研究室にはツリガネソウ。明らかに花瓶の周りが散らかりだしており,それなりに生活が「荒れて」いることが自分でも分かる。毎日本当に忙しい。そしてブログの更新でストレス解消。

・失恋の痛手から立ち直るための「失恋回復手帳」なるものが存在するという。ararin先生の情報によると,筆記療法の一展開のようなものであるという。なるほど。確かに認知行動療法の方法としてもあるし,表現療法の一方法でもある。全く分野外の話ではあるが,まあ知識くらいはあるというもの。
 しかし,多くの人が飛びつかないとニュースにはならないものだが,120日以上も失恋と向かい合えるというもの考えてみればすごいものである(いや,向かい合わざるを得ないからストレスなのだろうが)。ここからは素人考えの世界だが,恋愛とか失恋とかは,その他のストレスイベントよりも「耽溺しやすい」イベントなのかも知れない。
 そして,私自身も他のことならいざ知らず,失恋に関してはいけるかなあと。でも大人になればなるほど,早く次の対象をみつけるなりして軽減を目指すようにも思われる。いや,面白いし,研究としても嵌れるのかもしれないね。


|

« 四芸祭でした | Main | そうなんですね,やっぱり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/48454314

Listed below are links to weblogs that reference 失恋の痛手は向かい合いやすい?:

« 四芸祭でした | Main | そうなんですね,やっぱり »