« 先生が学べる環境 | Main | 今から38年前の今日 »

June 09, 2010

メールと返報性の原理

 この時季,私の携帯には学生から沢山のメールが届く。教育実習に行っている学生たちからである。研究授業の日程報告から,評価票の提出先の質問,実習ノートの取り扱いからトラブルまで。私が学校の電話やメールを使えるのはおよそ日中。一方,日中は中学や高校にいて遅くまで頑張っている彼らは当然夜の方が連絡しやすい。それでどうしても携帯メールは有効なツールとして機能する。
 うちの学生はこういう時,実に丁寧なメールをする。もちろん私が目上ということもあるだろうが,実習で(少なくともその時期は)見事に社会人としての社会性を獲得しているなあと思わせる一瞬である。
 そして中には用件とは別の近況の報告や,その日の空や景色など,一言添える学生もいる。大抵,いや殆どは女の子の学生である。すごいなあと思う。世の男性と同じく,通常は素っ気ないメールを寄越す私であるが,こういうときはやはり金沢の天気と景色を添えたり,励ましの一言を添えることになる。
 コミュニケーションにおける返報性の原理(受け手は,送り手が発信した情報と同程度の質・量の情報を返そうとする)がはっきりと作用しているなあと思うのである。そしてコミュニケーションのコンテンツにはっきりとした性差があることにも気づかされる。

|

« 先生が学べる環境 | Main | 今から38年前の今日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/48581617

Listed below are links to weblogs that reference メールと返報性の原理:

« 先生が学べる環境 | Main | 今から38年前の今日 »