« こっそり言いたかったこと | Main | メールと返報性の原理 »

June 04, 2010

先生が学べる環境

 鳩山政権が目指していた「教職課程6年制」,昨日のニュースによるとずいぶん様変わりした内容になりつつある。この内容については,去年の朝日新聞(9月17日付)で養成の延長より増員やオン・ザ・ジョブ・トレーニングの充実をはかった方がよいのではと意見をしていたのだが新聞の内容,ほぼ期待通りの形に近づきつつあるようである。
 ではどんなトレーニングが良いか,ということになるのだが,不思議なことに免許更新講習の18時間分,教科指導や生徒指導にかかわる講習の方はそれなりに奏を功していると聞く。うちの講習も,アンケートによる評価は多くの先生が最上ランクを下さっていたりする。先生にとって,専門についての新しい知識を得たり,実習をしたりするのは普段できない体験なので「リフレッシュ」されるというのである。
 こちらにすれば計画や準備などそれなりに大変ではあるが,一応の貢献にもなっていたりと手応えも感じている。こんなところが教育の改善へのステップにならないかなあと思う。

|

« こっそり言いたかったこと | Main | メールと返報性の原理 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/48540219

Listed below are links to weblogs that reference 先生が学べる環境:

« こっそり言いたかったこと | Main | メールと返報性の原理 »