« スポーツジム用水筒 | Main | 環状紅斑なんだそうな »

August 23, 2010

夏バテ 焼肉 もの食う人々

 少食の部類に入る方だが割合健啖である。20代の頃まで,胃がもたれるとかは無縁であった。同時に夏バテというものにもあまり出会わない方である。夏だからといって食が細ったりする訳でもなかった。
 それが今年の夏である,暑さにすっかり弱くなったと自覚した。昨日など,昼にラーメンを食べただけで何となく「もういいや」という気分になり,夕刻暑い我が家のキッチンでものを作るのも億劫と感じた。やむを得ず外に出てF氏にバッタリと会い,話の流れで肉を食おうということになる。もう1人その流れに合流。実に健啖に見える氏につられて,牛タン・豚バラ・シロ等々を次々と腹に収める。もちろんそれは楽しい時間であった。
 本日,何とはなしに身体の調子が良い。何というか,力が入っている。実に単純なことであるが,やはりスタミナをつけるということは実際にあることだなあと理解する。考えてみればここ1年ほど減量なども試みており,どちらかというとあっさりした方に傾いていたこともあるかもしれない。食べて精力的に動くのも大事だということか。

 ならばもう少し食べねばなるまいと,本日は近くの王将などに行き,酢豚などオーダーしてみる。見回すと,周りのサラリーマン風の人も作業員風の人も,ラーメンライスに餃子とか,チャーハンと焼きそばとか,実に良く食べていることが分かる。そしてみんな何か「力のある人」に見えたりする。
 これが最近良く行く讃岐うどんの店なんかだと,何というか,草食系というか,皆さんあっさりした感じに見える。王将の客は違う。若いお兄さんだったりすると,「今晩もナンパに行ってみっか」みたいな人に見えるし,痩身の中間管理職風の人だと,「実はこう見えて,OLと不倫しております」みたいに見え,渋面の老紳士風だと,「実はそういうこともやっております」みたいな与党の議員のようにも見えたりする。何だか皆さんやっぱり強そうである。
 「食らいつく」ということは,言葉通りの意味と意義を持っているのかなあと思うことしきりである。

|

« スポーツジム用水筒 | Main | 環状紅斑なんだそうな »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/49227688

Listed below are links to weblogs that reference 夏バテ 焼肉 もの食う人々:

» Twitter Trackbacks []
[Read More]

Tracked on August 24, 2010 at 02:51 PM

« スポーツジム用水筒 | Main | 環状紅斑なんだそうな »