« 多分センスは良い、が... | Main | 猛暑の次は厳冬 »

January 06, 2011

降る雪や 降るテキストや

Blog168
・今年は比較的雪が良く降っていて,今日も大きな雪がゆっくりと降る。こういう雪はたいてい積雪にはほとんど貢献せず,見た目だけである。露天風呂入って一杯やるようなシチュエーションには最高と思われる。

・ネットでいろいろ情報を探すのだが,ここ数年ネット上の集積が激しくて,「労多くして功少なし」の状況が続いている。最近気づいたが,tumblrというのがあって,誰かが面白いと思った情報をその人なりに再構築するブログというのがあり,これはまあ雑多な情報がある程度そぎ落とされるため,有用度が増加して面白い。もちろんこれが増えれば,結果的にはまたカオス化してしまうのだが。
 tumblrにしても,Twitterのbotやリツイートにしても,今後このような「有用性フィルタリング」の動きはさらに進化するのだろう。その結果,ある程度質の高い情報を提示しないと,コミュニケーションが不全になるということに多くの人が気づくと良いのだが。まあ呟きも重要なので,そう一方向のベクトルにもならないか。
 そう,コミュニケーションを考える時,「グライスの公準」は役に立つ気がした。掲示板でつまらないレスを見続けていると,このルールは重要だなあと思う。

----荷方 2008年「あたりまえの心理学」より-------
 グライス(Grice, 1975)は,会話の中でお互いの理解が成り立つためには,グライスの公準とよばれる原則が守られる必要があることを指摘しました。グライスの公準とは,次の4つからできています。
(a)量の公準:必要な情報はすべて提供する。必要以上の情報を与えないようにする。
(b)質の公準:偽りであると考えられることはいわない。適切な根拠を持たないことは話さない。
(c)関係の公準:会話に無関係なことを話さない。
(d)様式の公準:わかりにくい表現を避ける,あいまいな表現を避ける,簡潔に表現する。順序だった表現をする。

 


|

« 多分センスは良い、が... | Main | 猛暑の次は厳冬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/50507731

Listed below are links to weblogs that reference 降る雪や 降るテキストや:

« 多分センスは良い、が... | Main | 猛暑の次は厳冬 »