« 2/22のお弁当 | Main | 2/23日のお弁当 »

February 23, 2011

不足と過剰

 朝のテレビで,「鱈」を特集していた。鍋かムニエルか,そんな料理しか思いつかないが,番組の中では水揚げ港の人たちが普段作っている,たくさんのバリエーションが紹介されていて参考になった。
 料理であれ仕事であれ,材料や道具が「不足」している時,何か工夫をして何とかやっていくというケースは容易に想像がつく。よほど恵まれた一流の人や組織でなければ,資源は大抵不足するのである。しかしながら,「余ってしょうがない」という時に,やはり必要に迫られていろいろ思いつく,というケースに関しては,貧乏性の私にはなかなか思いつかないものなのかもしれない。これが料理に関して言えばあるていど想像はつくもので,1人暮らしの私には,大根・キャベツ,旬の筍など,食べきれないくらいのものを消費するのは大変だが,あれこれ思いつくのはそれはそれで楽しい。
 研究や仕事で「お金が余って」なんていう事態に遭遇したことがないので,こちらの方はあまりピンと来ない。そればかりか恵まれている部署が,大して必要もなさそうなものにお金を使って仕事をでっち上げているような話を見ると,CPの意味でも腹立たしいが,こういう担当者(あるいは研究者)に欠けているのは,ひょっとすると料理のセンスなのかもしれない。とつらつら思った出勤途中であった。

|

« 2/22のお弁当 | Main | 2/23日のお弁当 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/50948452

Listed below are links to weblogs that reference 不足と過剰:

« 2/22のお弁当 | Main | 2/23日のお弁当 »