« 小曽根真 No Name Horses 2011 | Main | 晩秋とカシオペアと思春期 »

October 30, 2011

親子丼を食べてみる

 常々カツ丼に関してはあれこれ話題にしているが,親子丼は専門外というかそれほどでもないというか,要はこれまであまり食指が動かない。それがつい最近,近所の親子丼の写真を見て非常に美味そうだと思う。どこにそんな所があるかというと,鰻屋なのである。金沢は専門店が殊の外少ないのだが,その中では有名な武蔵の「浜松」,この親子丼が美味そうだったのである。浜松ねえ,親子丼なんてあったっけねえ,そりゃあノーマークだなあと思いながら,本日思いの外早く時は来た。
 昼ちょっと前の店,それほど混んでもいないが,それなりに人が鰻を食している。中にはビールを傾ける人もいて,日曜らしい風景だ。よく見ると,鰻ではないものを食べている人もいて,それが親子丼らしい。つまりはそうマイナーな選択でもないらしい。オバちゃんに「親子丼」と頼むと,穏やかな声で「ハイ」と返ってきた。鰻を食べなくても親切にしてくれるらしい。専門店の妙なプライドなど微塵も感じられない優しい店だ。かくして親子はやってきた。
Blog240
 溶き卵は強く溶かれているので火にかき回されてフワフワに,そして一つ卵がそのままポンと。これがカツ丼だと,フワフワになっていたり火が通り過ぎていたりするのは必ずしも好まれるとは限らないが,親子丼だとご本尊の鶏があまり見えない分,これでも温かく感じられて良い。口に入れるとふわーっとした出汁の香り,鰻屋らしい鰹の強い出汁が吸い物には使われているが,こちらはそれに増して鶏の拡がりのある風味が加わる。ふわー,が拡散しすぎないように三つ葉の香りが良いアクセントになっている。味付けは最初物足りなく感じられるくらいあっさりだが,後でそれが品の良い味付けと感じられるようになる。
 生の卵を割って,出汁と卵とじで渾然となったご飯の中にさらに割り込ませる。こうなるともう「だくだく」ですな。御飯の量も心持ち少ないのであっという間にさらりとお腹へ。カツのようにがっちりしていないから穏やかなものである。
 温和,潤い,つつましやか,上品。何というか,人の良心を改めて湧き立たせるようなそういう味。これから商談に赴くぞ!といった時より(それはカツ丼に任せて欲しい),午後も無事に書類仕事を誤りなく進めたい時に向く穏健な味。何という優しさ,何という気品。そう,やはり「親子」の暖かさの味なのですな。親子丼は。


|

« 小曽根真 No Name Horses 2011 | Main | 晩秋とカシオペアと思春期 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/53118521

Listed below are links to weblogs that reference 親子丼を食べてみる:

« 小曽根真 No Name Horses 2011 | Main | 晩秋とカシオペアと思春期 »