« 積雪40センチ | Main | 久々のチャレンジ〜新曲〜 »

January 30, 2012

関数電卓讃

Blog261
 パソコンが進化しても,現在の自分にとって決して手放せない小物。大学時代は統計の勉強などに世話になった。今やこれで三角関数の計算をしたり微積分をしたりすることはない。それどころか通常の電卓に付いている平方根すら使わない。それでもこれを使わない1週間があるかといわれればないかも。
 この手の関数電卓のありがたいところは数式が入力できることである。研究費のちょっとした計算,今月のやりくりの計算。なんだかんだ言って10程度の数値を足しあげたり掛けたりする。こういう時式が見えるのはとてもいいし,計算間違いを確かめることが容易である。ステップが記憶できる電卓もなくはないが,こちらの方が視覚的にもいいしともすれば安い。近年はソーラーなので電池の心配もいらない。
 かくなる理由で研究室に一台,自宅に一台。デジカメやiPod並に重要な電子機器である。


|

« 積雪40センチ | Main | 久々のチャレンジ〜新曲〜 »

Comments

最近、僕はさっぱり使わなくなりましたね、関数電卓という物を。少なくとも、家には置いてない(と思う)。職場の引き出しの中にいくつかあるはずだけど(それもほとんど、学生の忘れ物。一年以上過ぎたら誰も回収に来なくて余るのですね)。
そもそも、僕はあまり電卓を使わない方なのですね。なくてもコンピューターで何とかしたり、それもなかったら手で計算をするというまねをしますし(電卓を探した方が楽かもしれないけど、手で計算するよりは)。
十何年程前にTexas Instrumentの関数電卓で専用のデータ収集用の箱をつけて化学実験に使える、という製品があって(今でもあるのか、新しい機種が)それを一般化学用の実験に使えないかと評価した時がありましたけど、やはりパソコンよりも使い勝手が悪くて結局、それっきりになってしまいましたね(いちいち、プログラムの入力の問題もありましたし)。

Posted by: 二郎 | January 30, 2012 at 01:29 PM

>二郎さん
 確かに科学計算は関数電卓よりPCの方が優秀です。私もそうなりました。使うのはほぼ金勘定のような四則演算の時です。
 この機会が多いのかもしれません。それはそれで何だかなあという感じもあります。

Posted by: nikata | January 30, 2012 at 03:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/53860998

Listed below are links to weblogs that reference 関数電卓讃:

« 積雪40センチ | Main | 久々のチャレンジ〜新曲〜 »