« 本日もまた | Main | 12/02/28のお弁当 »

February 26, 2012

小学校での教科担任制を考えてはどうだろう【留年問題】

 ここのところ小中学校での留年の是非が話題になっている。確かな学力を身につけさせるための方法として,履修期間を長くしてでも必要な水準は学習させるという視点,決して無い話ではない。しかし学力問題の解決は,1年という長い期間で留年をするというチョイスではいろいろな意味で問題があるだろうこともわかっている。たとえば小中学校で同一学年を繰り返せば,来年はみんなと同じ進度でいいのかというわけでもない。また,少しやり直すだけでも十分に伸びる子もいたりするからである。学力問題は単純に教授方法や教育課程の問題でもない。社会的環境や文化的な習慣まで,さまざまな要素を抱えているものである。

 ただし,学校という枠の中でこれを何とかしようとするなら,やはり教授方法や教育課程の問題として考えるしかない。補習機会を潤沢に与えることも重要かとは思う。そして何より,学習の初期でのつまづきは出来る限り防いでおきたいところだろう。その1方策として,小学校も中高と同じように教科担任制を導入するのは,それなりに意味があることではないかと思う。
 小学校の教員は,国語から体育までひと通りの授業ができるよう教育される。しかしながら,今日学校の教員養成課程もその内部では「専攻」があり,国語を中心にする学生も体育を中心にする学生もいるのである。その意味では,自分が得意とする分野を指導する方が,うまく教えるチャンスも増えるのではないかと期待するのである(期待,である。できるかどうかは実は難しい)。
 確かに小学生の場合,一人ひとりをよく知って対応することも大事である。そのための学級担任なのだが,塾通いなどをする子たちを見ていても,おそらく中学年以上では教科担任制でも十分にいけるのではないかとも思う。
 また教科担任制にすることで,教員の数を調整したり,柔軟に運用したりすることもある程度叶うのかなと思わなくもない。あるいは補習などを開くときにも効果を発揮するのではないだろうか。
 ガチガチに教科担任制にしなくてもいい。国語や社会をもつ先生,とか。理科と体育はこの先生とか。緩やかな専科制を取り入れるのは意外にうまくいくのではないかと思う。
 

|

« 本日もまた | Main | 12/02/28のお弁当 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92639/54081711

Listed below are links to weblogs that reference 小学校での教科担任制を考えてはどうだろう【留年問題】:

« 本日もまた | Main | 12/02/28のお弁当 »