« それでも明日は来るだろう。風の変わる日も来よう。 | Main | 荷方の教育実践知識 »

June 10, 2016

馬齢

「馬齢を重ねる」という言い回しがある。これといって大したこともしないまま歳だけがすぎる。くらいの意味。44歳になって,概ねそんな感じだなと思う。
 もちろん毎日の暮らしを考えれば,もう少し何かをしているのだろう。娘を育て,教師なるものを生業とし,いちおう役回りもやっている気がするのだけれど。「だから何?」みたいな気分がどこかに見え隠れするので,結局は馬齢を重ねているだけのような思いが強くなる。
 中年期の課題は「生産性と停滞の葛藤への対処」と言った心理学者がいたけれど,まさにそういう葛藤の中にいるようないないような。
 うまく行けば今がちょうど人生の正午,下手すると夕暮れすぎ,いや一日の終り寸前かもしれない。本当は馬齢を重ねている場合じゃなくて,奔馬のように頑張らないとだめなのかもね。
 そんなこんなで44歳。思えばよくぞここまで。

|

« それでも明日は来るだろう。風の変わる日も来よう。 | Main | 荷方の教育実践知識 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 馬齢:

« それでも明日は来るだろう。風の変わる日も来よう。 | Main | 荷方の教育実践知識 »