September 30, 2016

荷方の教育実践知識

 20代の時,とある塾の教務主任なんてものをやっている時。毎月のカリキュラムに連載していたちょっとした書き物。今見ると恥ずかしいようなものもあるが,歴史として残しておくことにしよう。
 それでも「まだ院生なのに結構ちゃんと書いてあるよ」と紹介いただいたこともあったなあ。励みになった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「内発的動機付けと外発的動機付け(3月号)」 

 教師や両親、友達などの社会的存在からほめられたり、叱られたりすることによって、学習意欲は増減します。また、自分で問題が解けるようになったり、達成感を感じたりしても学習意欲は増減します。このようなタイプの方法で学習意欲を操作するアプローチを動機付けといい。前者を外発的動機付け、後者を内発的動機付けと言います。
 前者は即効性がありますが、慣れてしまいやすいので効果がすぐに薄れます。後者は獲得が難しいですが、永続性と強力な有能感を与える長所があります。

 「ほめ方の上手な先生」、「叱り方の上手な先生」になることももちろん大切なファクターですが、やはり生徒がついてくるのは「問題の解ける楽しさ」「学習活動そのものの楽しさ」を伝えられる先生です。そう思いませんか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「メタ知識と先行オーガナイザー(4月号)」 

  まず、次の文を考えよう。
 「やり方は簡単だ、まず同じものを探し、一つにまとめておく。今度は右と左で同じものをまとめておくだけで良い。気をつけなければならないのは、右から左へ・左から右へ動かすときは、逆にしておくことを忘れないことだ。」
 この文だけで、「文字式の計算の方法」とすぐ解るならば大したものである。我々の生活は具体的な行動の連続であるが、その一連の行動をまとめて呼ぶためのさらに高レベルの(メタの)知識がある。これがメタ知識である。授業において、これから指導する具体的な内容が、どのような事をするためにあり、他の指導内容とどのような立場にあるかを先に指導することは、生徒にメタ知識を指導することであり。これによって、生徒の理解はスムーズ・確実になると考えられている。
 学習におけるメタ知識の事前提示を、先行オーガナイザーと呼ぶ。ただ単に指導内容をわかりやすく教えるだけでなく、どういう出題のとき使うのか、使えない類題は何かなども、生徒に同時に教えておきたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Continue reading "荷方の教育実践知識"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2012

新しい授業資料をGET

Blog285
 しばらく前,授業の資料としてアレッシィのシトラススクイーザーを買った話をした。百貨店がバーゲンをやっている週末,今度は茶こしがバーゲンになっていたので,授業用資料として購入。D.A. Normanの受け売りそのままであるが,やはり生理的にも知的にも触発されるデザインである。いろいろな色があるが,手持ちのカップは白中心なので,取り合わせの良い黄緑を。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2012

シトラススクイーザーを手に入れる

Blog276
 昨日は飲み会で街へ,ちょっと時間があったので香林坊の大和へ。ふらふら家庭用品を見ていたらこれまで高々とディスプレイされていたALESSIのシトラススクイーザーがない。よく見ると「SALE品」のところにまとめておいてある。値札を見たら7000円と消費税。前々からデザインの講義に欲しかったのだが,定価10000円は研究費の費目処理の都合から(備品扱いでいろいろ面倒)二の足を踏んでいた。これなら大丈夫,勢い勇んで手に入れることにした。
 しかしながら,実際に持ってきてもらうと,おなじみのクロムメッキが施された銀色のものだけではなく,写真のようなフッ素加工されたチタンブラックのものもあるという。値段は同じらしい。大層悩んだが,汚れや管理の点ではこちらの方が良いようにも思われ,チタンブラックに決定。エモーショナル・デザインの講義で資料として使うことにする。
 クロムメッキの方は「メッキが酸で冒される」リスクを背負うということで,シトラススクイーザなのに柑橘類の使用を推奨しないという「使えないけど欲しいモノ」の代表格とされていた。実際のところ,この塗装だと大丈夫なのだろうか?

 昨日の飲み会は,最近心理学者の中でも殊に先細りが心配される「高次認知研究」を標榜する40前後の3人で。あれだけ認知科学絡みの話をするのは数年ぶりではなかろうかという面白さ。店はこれも近年評判の「六味一滴」で,春の野菜と魚介の素晴らしい品々だったのだが,話しの面白さに集中が途切れ,味のディテールにちょっとだけ向かい合い損なうくらいであった(いや,それでもセンスはとても良かった)。

(追記)どうもこの商品,最近価格改定でちょっと安くなっているらしい。円高のせいのようだな。それでも今回の購入価格は,それを下回るもの。チタンブラックはそれはそれで,別の意味でロケット的で悪くない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2010

多分それは当たり前だ

毎日jpに次のような記事が

------------------------
 小中高生の自分に対する評価が年齢が高くなるに従って低下していることが、独立行政法人・国立青少年教育振興機構の「青少年の体験活動等と自立に関する実態調査」で分かった。「今の自分が好き」と答えた高校生は26.4%で、57.1%だった小学生の半分以下にすぎないなど、成長に伴って自己肯定感が薄れる傾向が鮮明になった。
------------------------
 あの,青年期につれて自己肯定感が一時的に低下するのは一般的な傾向なのでは?もちろん調査方法にもよるかもしれないし,さまざまな経験を通して自己肯定感を積み上げるだろうけど。小学生との比較はあまり意味がないのでは。何を言わんとするか分からない記事だなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2010

類似接触効果

 心理学の有名な理論に単純接触効果というものがあって,同一のものに繰り返し接すると好意度や印象が高まることが分かっている。
 たとえば私たちが服を買ったりする時に,次第に似たようなデザインに目がいったりすることがあるのだが,「似たような(カテゴリの)もの」に繰り返し接した場合にも,同一の効果は見られるのだろうか?もし見られるとしたら,アナロジーのプロセスがどこかで入り込んでいる余地があり,研究は面白いのかもれしれないと普通に思ったりするのである。
 なんて思っていたら「かすっている研究」が存在したりするようである。詳しい人がいたら教えて下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2010

知識・関与・動機づけ

学会の3日間、今回は学習指導や動機づけのセッションやシンポジウムを中心に参加した。何人かの先生の研究や実践をみながら、共通するものは何かと考えると、次のようなことかなあと。

・学習のつまづきや困難は、具体的な作業をすることの困難ではなく、「それがどのようなものであるか」の意味を理解すること、表象することの難しさが先にある。
・ということは、学習者にとって表象すべき知識が利用可能になっていなければならない。もし知識がなければ、理解できる形でとりいれられなければならないし、既にもっている知識の場合、その学習場面で取り出せるかたちになっていることが必要。
・利用可能になるための支援はいくつも考えられる。しかし一つ一つの支援は多くがdomain-specificなため、効果的に使用するにはかなりのコストがかかりやすい。
・これらを学習者の主体的活動にするためには、本人たちが自分からやりたいと思う動機づけが重要だが、動機づけが高い事自体、たいてい「既に主体的な学習者」であることが多い。学習が「勉強(仕向けられた努力、の意味)」とみなされている時点で、動機づけは低い。
・学習方法にせよ動機づけにせよ、学習者が「対象に対して主体的・持続的に関与」することをいかにして支えるか、ということに尽きる。分かりやすいとか楽しいなどという要素は、あくまで関与を持続させるための「足場」であって、それそのものが学習を支えているわけではない。

 ここまで考えると、学習の成立前後には「知識が利用可能になること」があり、利用可能になるためには「対象に対する主体的・持続的な関与」が必要というごくごく当たり前のところだけが残るという話である。若い女の子が没頭するメイクにしても、小学生が勉強そっちのけでサッカーに興じることも、オバちゃんが韓流スターに熱中してハングルまで身につけることも、どれも「対象への関与」だけが残って「勉強」が消失しており、一人一人は主体的で動機づけの高い学習者として仕立てあげられている、ということになろう。

Continue reading "知識・関与・動機づけ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2010

これをレポートに使うのは有効そうだ

 先日から途端に活気づいている「ホメオパシー」関連の話題。面倒を避けるため敢えてリンクは張らないが,「科学的」な根拠を謳っているようで,随所にいくつもの面白いところがある。ページのコンテンツ自体も豊富なので,以下のような誤謬を探させる課題を学生に課すと,実に良い勉強となろう。

(例)水で薄めた物質なので,原成分が残っていないという解説
「100倍希釈を30回繰り返した場合、10の60乗倍希釈となり、原成分はほぼ残っていないのではなく、1分子も全く、残っていません。」
→たとえ残っていない可能性があるとしても,もともと成分が含まれている試料を希釈したならば,「偶然」原成分が残っているサンプルを選択した場合,やはり1分子は残ることになる。

(例2)
「ハーネマンは病気に対するホメオパシー治療を記事にして発行し、始めの段階ではカンファ(樟脳)を、後の段階ではキュープロム(銅)、バレチュームアルバム(シロバイケイソウ)、ブライオニア(シロブリオニア根) 、ラストックス(蔦漆)を使用するよう提唱した。
また「あらゆる感染原因」を破壊するために衣服やベッドを熱処理すべきこと、そして清潔さ、換気、部屋の殺菌、隔離を力説した。
 細菌のパストゥールや殺菌のリスターに先立ち、これは著しい先見の明のある忠告である。ヨーロッパ中でホメオパシーによって流行病はより良い結果で治療された。
 伝統的正統派治療の死亡率が50%かそれ以上だったのに対し、ホメオパシーでは2.4~21%に変化したのである。」
→少なくとも,死亡率の低下は「衛生環境の向上」という知見によって説明ができ,前段の治療は「混交」と説明されること。

 科学的思考とか批判的思考とか,そういうもののトレーニングにはとても向いています。さすがに心理系の教育を受けた人はまず近づかないのでは,と思ったのだが。

 いや,手法を採用している臨床心理士もいるのか... あえてリンクも張らないけれど...

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 25, 2010

失恋の痛手は向かい合いやすい?

Blog125

・本日の研究室にはツリガネソウ。明らかに花瓶の周りが散らかりだしており,それなりに生活が「荒れて」いることが自分でも分かる。毎日本当に忙しい。そしてブログの更新でストレス解消。

・失恋の痛手から立ち直るための「失恋回復手帳」なるものが存在するという。ararin先生の情報によると,筆記療法の一展開のようなものであるという。なるほど。確かに認知行動療法の方法としてもあるし,表現療法の一方法でもある。全く分野外の話ではあるが,まあ知識くらいはあるというもの。
 しかし,多くの人が飛びつかないとニュースにはならないものだが,120日以上も失恋と向かい合えるというもの考えてみればすごいものである(いや,向かい合わざるを得ないからストレスなのだろうが)。ここからは素人考えの世界だが,恋愛とか失恋とかは,その他のストレスイベントよりも「耽溺しやすい」イベントなのかも知れない。
 そして,私自身も他のことならいざ知らず,失恋に関してはいけるかなあと。でも大人になればなるほど,早く次の対象をみつけるなりして軽減を目指すようにも思われる。いや,面白いし,研究としても嵌れるのかもしれないね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2010

サポート,リテラシー,スキャフォールディング(かなりマニア向け)

 昨日の取扱説明書話から派生。新しい電化製品を使うとか,新築の建造物に引っ越すなどといった,「認知的人工物」に対する適応を考える場合,多くの人にとってそれに慣れるのには人間の情報処理という面でコストがかかるものである。これが,高齢者などよりサポートを必要とする対象ならばなおさらである。荷方(2009)はこういう情報処理に対する能力を「リテラシー」というこれまでの考え方の中で同様に扱うことができると考えている。そして,アクセスする媒体は資源(リソース)として取り扱うことができる。リソースは道具的なリソース以外,人的なリソース,情報リソースなど色々考えることができるだろう。

 取扱説明書は新たな環境に適応するための「道具」であるが,取扱説明書自体上手く読み取るための「リテラシー」が必要であり,いわゆる初心者や情報弱者はそもそもこのリテラシーが不十分であるため,結果として取扱説明書は使用されないことになる。このジレンマは問題で,この解決のためには,さらに取扱説明書を分かりやすくするか,ないしは他の情報取り込み戦略(Strategy)を採用するかということになる。
 この際,他者からのサポートは比較的有効であることはしばしば知られている。知識も含め,多くのリソースは他者によって提供されることが多い。そして,他者からのサポートは,それを受ける側の特性によってしばしば調整(カスタマイズ)された形で提供される。近年の状況論的認知研究では,このようなサポートをスキャフォールディング(足場かけ)という概念で説明していることが多い。

Continue reading "サポート,リテラシー,スキャフォールディング(かなりマニア向け)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2009

認知的経済性=エコ?

 認知的経済性という言葉がある。もとはハイダーのバランス理論とかそういうところが出所であるが,要するに人間ができるだけコストの少ない方法で,情報処理として最大の利得を得ようとすることをいう。記憶研究などでもたまに聞く言葉である。スキーマ処理とか,ヒューリスティックとか,ステレオタイプとか,およそ人間の「賢明な」振る舞いのベースにはこの認知的経済性が少なからず影響している。
 この概念にわがお師様が「エコ思考」という云いえて妙な名前をつけていらっしゃる。もちろん学術的には微妙なネーミングだが(エコロジカルという単語は,心理学ではいろいろな意味を持つ),世間的には絶妙のところだなあと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧