September 19, 2015

それでも明日は来るだろう。風の変わる日も来よう。

安全保障関連法案が可決された。いずれ予想されたことではあるが残念。それもまた民主制。

私はといえば実に哀しい。20歳になってこのかた、選挙には必ず足を運び、多くの場合時の政権政党ではない党に投票してきた。政権政党の政策に反対もし、時に理解もしてきたが、多くは反対の意思表示だと思っていた。とはいえ、昨今の野党の政策を支持していたわけでもない。野党だってヒドイものなのだ。ただ、それならば簡単に問題ある政策が可決されないように「与野党伯仲」をせめて良しとしてカウンターパートにいたとも言える。それも果たせず、自国の安全保障の維持とは必ずしも一致しない集団的自衛権の行使を、かつ不安定な状態でしか運用できない形で許したことは痛恨でもある。
もっと哀しいのは、こういう時になってはじめて声を上げるような社会を容認してきたこと。20代の10年は公民を教える役割も担い、民主政治や日本の憲法、社会制度もきちんと教える努力をしてきたつもりだった。しかし若い人を投票に行くよう促す力としては弱いし、政治的態度を持たせるような知識を(受験に必要な程度以上には)持たせられなかったことも悔やまれる。
「かしこい市民」を育てるのが教育の目的である。学校教育とその教育内容は、いまでもその目標に応えるべき内容になっているとも思う。しかし私の後悔は、つまるところ私に関われる範囲での教育の敗北とすら感じさせる。もっと手間暇をかけて、時間と工夫をかけて教育に携わるべきであった。
その意味で、今日は新しい一歩の始まりでもある。一個の市民として、教育に携わるものとして、これからもやるべきことはある。それは政策の是非を教えるような「間違ったこと」ではない。自ら見識を身につけ、個人として熟慮を伴った判断ができるという人を育てるということだ。すべての人が、「良き市民」として社会と関わることができる日まで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2015

わが子が目の前に来て36時間。

Blog379

皆さんからたくさんのお祝いや励ましのコメントをいただきました。一人一人へのコメントの代わりに,改めてのご報告をします。

 ずっと大きなお腹の中にいた人が,いま目の前にいる。そうか,君はそういう顔だったんだね。
 9月1日というキリの良い日に,元気な女の子が生まれてきた。波のように押し寄せる陣痛を受け止める細君の横で,ずっと腰を押し続け,6時間半かけてズルズルっと生まれてきた。頭が見えてからものの数分。足まで出てこないうちに元気に産声を上げた彼女は,生まれて時からしっかりした顔をしていた。お母さんのようだったり,お父さんのようだったり。まあ2人の手によるものだとよく分かる。

 生まれたら感動するよとか,ベタベタに溺愛しそうと言われるが,そうなるとしたらやはり時間がかかりそうだ。生まれてきた瞬間は,おーよくがんばったね。こんにちは,元気だね。ようこそ。お母さんもよく頑張りました,どうぞよろしく。何だか新入生に初めて会う先生のようだ。自分のものという感じはなくて,生まれた時からやはり一個の人格として存在すると思う。父というものは,母と子の濃密な関係(ディアーデ)の中に初めて割り込む「他者」だと言われるが,まさにそんな感じがする。聖母子に割り込む男性像のようだ。

 泣き止むのも割と早いし,穏やかな顔をしている。さしあたり気難しそうでもない。こめかみ辺りを触られるのが好きなようだ。なるほど,君はそうなのか。お父さんにずっと抱かれていても嫌そうではない。新生児はそうだとわかっていても,やはり嬉しいものである。
 把握反射あり,口唇探索反射あり。普段教えている授業のまんま。当たり前すぎてホッとする。見るだけで笑えてくるし,笑顔になって仕方がない。なんと無防備な,なんと弱い,そしてなんと強い。まずは無事なようで本当に良かったよ。月並みな幸せではあるけど,その月並みなことが本当に良かった。
 
 細君との検討の結果,名前は美咲子(みさこ)になった。今風の名前はあまりしっくりとこない。女の子が生まれたら最後に子がつくように,男の子が生まれたら「お」がつくように。それが第一の合意。「咲」という字が何かとよろしいという判断になり,これを基本とするのが第二。あとは字画とか語感とか人間関係のああだこうだとか周到に検討。最終候補から絞りこまれた。 
 美しく咲いてほしいという意味も良ければ,優美な語感もよろしい。読み方も間違われないだろうし,自分で漢字を書くようになった時もさほど困らないだろう。そしてあなたの顔にふさわしいと思うよ。あとは自分で名前にそぐわしい人になってほしい。

 金子光晴が孫の誕生に際してつくった「若葉の詩」という一連の詩がある,長いこと好きな作品だが,まさにその通りだ

 小さなあくびと 小さなくさめ 
 それに小さなしゃっくりもする 
 君が 年ごろといわれる頃には 
 も少しいい日本だったらいいが 
 なにしろいまの日本といったら 
 あんぽんたんとくるまばかりだ 
 しょうひちりきで泣きわめいて 
 それから 小さなおならもする 
 森の若葉よ 小さなまごむすめ 
 生れたからはのびずばなるまい (森の若葉 抜粋)

 若葉の詩と同じく,美咲子よ,来年は海へ行こう。いや,お父さんと一緒にどこにでも行こう。お父さんと一緒に動物になり,風になり,本になり,そして人になろう。
 生きる限り,この世界が美しく,知に充ちあふれ,生きる甲斐があることを,一緒に経験しようね。
 
生まれてまだ一日と半分。父として残念なことは一つ。君に顔を近づけると,老眼のせいでかえってディテールを見られないことだよ。20センチの距離から,美咲子,君をずっと見守ることにしよう。


Blog380


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2015

デザインのオリジナリティとは何か?

最近の講義で,デザイン科の先生がデザインを次のように説明した。
 「既にあるものを組み合わせて新しいアイディアを生み出すこと,それがデザイン」。
 この時のアイディアという言葉はかなり広義の意味かと思う。われわれが何かを生み出すというのは,既存のものをベースにしない限り存在しない。そこが一番の核心だと思う。
 「元になる何か」それがなければ何も作れない。素材であれ,モチーフであれ,何もないところには何もないのだ。
 私はといえば,デザインは人間によって世界に与えられた「工夫」だと言っている。われわれにとって善きもの・美しきものにするための工夫がデザインである。
 既存のものの組み合わせで,しかもそれが工夫として成立する。この2つを併せ持つものは,多いとはいえ無限ではないのだろう。当然ながら,みんなにとって良いものは自ずとその範囲が決まる。それぞれが似通ってくることはある程度許容されるべきことなのかと思う。
 許容されない条件は一つ。明らかに他者の作ったものを剽窃(パクって)している。そして作者による工夫(改変)のあとが見られない。
 先人のものをモチーフとして作る。素材として利用する,アイディアとして使うというのは,厳密には剽窃ではない。それを言い出せば,扇風機のような家電や携帯電話の形など,パクリ以上に近接した「見た目と機能」だ。
 デザインはアートではない,時としてアート(芸術)的な要素を強く持つことはあるが,基本は工夫を伴うモノの産出である。ここ数日の「パクったデザイン」の話題を見ていると,議論に参加しているヒトの中には,本来のデザインの捉え方からちょっとズレているのではないかと思うフシがある。オリジナリティというのは,「全く見たことがないものを見せる」ことではなく,「新たな工夫がそこにある」くらいに思っていたほうがいいのかもしれない。
 写真はうちの大学のデザイン工房。車だって,無限にデザインできるものではない。大抵の場合,車輪は4つであり,その世界から簡単に抜けだすことはできない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2015

ニコニコ超会議2015雑感

Blog376
 日曜日に,最近関わっている「共創的イノベーション」の参考としてニコニコ超会議に赴いた。普段ニコニコ動画のお世話になることも少ない立場だが,中高生から大人まで十数万人が足を運ぶイベントの熱気に大きな影響を受けたので,備忘録的に感想を。

◯動画配信サイトの看板が網羅できない民主性
 携帯電話が進化し,やがてスマートフォンに置きかわる中で既に電話としての機能のウェイトを失っているように,ニコニコ動画が動画配信サイトとしての機能から明らかに脱却していることははっきり理解した。参加者が配信したいのは,動画ではなく自らが作ったモノやコンセプトの表現であり,欲しいのは自らへのフィードバックである。
 同じ動画配信サイトとしてはyoutubeがあるが,こちらはむしろ古典的な機能を色濃く残しているように思う。その違いは,「画面に直接コメントが書き込めるという,表現への同期性」なのかと思う。本当にその一点に集約される小さな違いなのだが,それだけでこれほどこれらのサイトに集中する情報の性格が変わっていることは見逃せない。
 誰もが配信という形で表現を行い,誰もがコメント書き込みという形で表現を重ね,それぞれの思惑を超えて蓄積されるというのは,極めて民主的な行為だと思う。その上,見えない「お約束」がそれぞれの大きな逸脱を管理する。ニコ動の中ではまだまだ炎上や煽りが発生しかねない匿名性がある。今回超会議にリアルで参加した参加者はその匿名性を剥がした立場として登場している。結果として,とても礼儀正しい振る舞いになっているなあと思った。これは本当に理想的な民主制の中にあることを意味している。
 既にニコ動,そしてその総会としての超会議は,動画サイトからの発展というところから離陸していると思った。それは携帯が,情報端末という存在を既に超え,人間の認識から行為まで網羅する媒体として離陸しているのに一致している。
Blog375


Continue reading "ニコニコ超会議2015雑感"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2015

研究室のパターン・ランゲージ(1) ワークプレイス(Work Place)

 Blog373
授業でそのうち使うかもしれないと思い,簡単なパターン・ランゲージの例を作ることにした。題材として「研究室」を選び,研究室のパターン・ランゲージをしばらくの間記述する。いわば「研究室設計の手引」である。同時にブログにも同じものを掲載するので,重複することをご理解下さい。また必要に応じて加筆・修正。コメントのある方はどうぞご自由に。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ワークプレイスは「仕事場」という意味であり,オフィスや職場空間といった場所がこれにあたる。ワークプレイスには,働く人がいて,働くための道具・機械がそこにあって仕事を支える環境が用意されている。また,そこで働く人の仕事の仕方によってワークプレイスの環境は調整されながら変化する。
 大学の教員にとって,研究室は自分の仕事をするメインとなる仕事場である。現代の大学教員にとって,「研究室」は必ずしも研究をするためだけのワークプレイスではない。研究室は,次のような目的のために使用されている。
①研究
②学生の指導やコミュニケーション
③大学で担当する役割の事務
④大学における個人の生活の拠点
 上記の目的を達成するために,研究室にはその手段が置かれている。
①研究や大学での講義,事務のために必要な本・書類が保管・整理されている。
②デスクワークに必要な道具・機材,たとえば机やイス,コンピュータなどが置かれている。
③研究機材が設置・保管されている。
④大学での講義に必要な資料,道具,あるいは紙などの消耗品が置かれる。
⑤学生や他の教員,事務職員などが訪れた時のためのイス,テーブルなどが用意される。
④休憩時などに必要となる食器やコーヒーなどの食品,アメニティのための花瓶,家族の写真,小さな絵など。
 これらは全て,大学の教員として仕事をするために何かしら必要となるツールや資料である。これらが一つの研究室の中に収まるように設計される。あるいは研究室を使う本人自身がそれを収めるように工夫して設計しなければならない。多くの機材を必要とする大学教員(研究者)の場合,他に実験室や工房といった場所を持つ場合もある。このように,教員によって研究室がどのように作られていくかはかなりのバリエーションがある。研究室を持ち,そこをワークプレイスとする時,持ち主である本人は,自分の部屋,あるいはこれまで仕事をしていたことのあるオフィスのような何らかのイメージを持ってワークプレイスを築き上げる。
Blog374


Continue reading "研究室のパターン・ランゲージ(1) ワークプレイス(Work Place)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2014

引っかかった!

 午前中から仕事の進行を眺めている時,突然タイムラインに「小保方さん再現実験に成功」のツイート。ほう,と思って思わずリツイート。よくよく見たら3月の「誤報」に反応しただけで,慌てて削除。たった2分ほどの間だが,やっぱり見ている人は見ていて指摘をいただく。いやはや恥ずかしい限り。

 まさに「引っかかった」のであるが,なぜ引っかかったかを考えながら,いくつかの点に思い当たる。
・やっぱりどこかでSTAP細胞が発見されることを願っている。
 これはまさにそうで,本当ならば期待の持てる話ではあるから,研究の妥当性とかを超えてどこかで期待しているところはある。
・ちょうど小保方さんが再現実験に復帰したニュースがあった。
 ただニュースが回ってきただけなら「おかしいぞ」と思うわけだが,新しい情報が増えた時点で,新しい展開が起こってもおかしくないと思えるような状態にあった。情報の付加による認知的不協和の解消というもの。

 2つ目の話は,ある程度その領域に対する知識があると,さらに引っかかりやすくなるというものである。有名なものとしては「痛みの単位としてハナゲが採択された」という事例に似ている。単位系の知識があると,さらに信憑性が高く見えるというもの。

 朝からまあ久しぶりに,人間の認知的なプロセスに思いを致したという次第。いや,認知の研究者だからもっと思いを致せよという...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2014

鹿児島へ行った

 鹿児島県は「鹿児島の食とデザイン」という一大プロジェクトをやっている。農林水産品王国でありながら,一次産品の出荷が多い鹿児島は,デザインの力でもっとがんばりたいということらしい。そこで,食にまつわる感性デザインなどの話をさせていただいた。
Blog354_2
 食べ物も豊富なら,工芸品も多い鹿児島。薩摩切子や薩摩焼など秀逸なものも沢山あるが, 確かに中央での認知度は決して高くないかも。もっともっと地元のモノを愛して,アイデンティティを押し出すところから始めるのは良いかもしれない。もちろん,鹿児島のために講演する側も,まずは鹿児島の味方であり,鹿児島を愛するところから始めなくては。
Blog355
 折しも昨日は42歳の誕生日。懇親会では御祝いまで頂きました。本当にありがとうございました。鹿児島の味方を強調していたら,名前まで「MIKATA」になってました。
 ノリノリになったはずでしたが,その直後向こう側のカップルのテーブルでは,男性が花束をもってサプライズのプロポーズ。おお,バブル期でも見たことがない風景だ。彼女は受け取ってくれていましたが,あの後本当に大丈夫だったんだろうか?

 やはり九州は何となく肌に合う。どんな人と話しても,旧知の友人のような「しっくり感」がある。そういう意味でも得るところの大きな出張でした。

 そして鹿児島でまさかのカメラのレンズ購入。タムロンの高倍率ズームを。通常から200ミリズーム(APS-C)までこれ一台で済んでしまう。常用はこれで十分なのではないだろうか。ちなみに買って10日で撮った写真は350枚。まだまだ撮影練習は続く。
Blog356


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2014

カメラを買った

Blog350
 初めてカメラを持ったのは中2の時,ホームステイでカナダに行った時。それから30年近く,スナップショット以上の意味合いで写真を撮ったことは少ない。それでも81万画素のオリンパスに始まって,軽くて色の良いIXYを使い続ける。銀塩の方も全くというわけでなく,ペンタックスの単焦点の安いカメラに始まって,親父のお下がりのOM-2,EOS-Kissと「旅行時には」連れ出したりしていた。
 最近になって,研究の資料のモノ撮りが増えたり,カメラの使える友人がいたりで,ちょっとだけコンデジ以上のカメラが欲しくなる。関係各位のアドバイスももらい,生まれて初めてのミラーレス一眼を。電器屋で安かった(今はカメラは電器屋なんだねえ)ソニーのNEX-5Tで手を打つ。Wi-FiがついてiPhoneとの連携が抜群に良かったり,聞くところによると交換レンズなども色々あるんだという。何よりソニーはミノルタを傘下に入れ,昔のαシリーズで売り出している。そんなオッサンの郷愁をくすぐるところもちょっと嬉しい。

Blog351
 
 手に入れて24時間あまり。撮った枚数は50枚強。絞りも露出もISOも,まだまだ何も分かっちゃいない。とりあえず絞りを開いて向こうをボカすくらいのことができるようにはなった。コンデジも良いカメラだと思うが,やはり一眼は一層キレイに写る。
 しばらくの間は下手くそな写真がブログに並ぶかもしれないが,まあご笑覧下さい。ちょっとだけ楽しいおもちゃを手に入れて(いや,仕事に使うのですが...)ウレシイ40代男子なのであります。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2013

バカ話は重要だ

 目の前にある重要なことや必要なことにはおよそ関係がない話。バカ話とは大抵そういうものである。それゆえバカ話はそう歓迎されるものでもない。「バカ話に興じている暇があったらなにか役に立つことをしろ」である。
 かれこれ40年を生きてきて,私はその考え方に全く賛成しない。バカ話は,「独創的なアイディア」の宝庫である。

 1993年。大学2年生になった春に,サークルの大学院生の先輩3人に花見に誘われた。日の落ちた筑波山の麓の池(北条大池という)で,暗くて寒い中酒を飲むのはそれはそれで楽しかった。
 会話は当時のパソコンの話。研究のために買ったとか,やっぱり買ったほうがいいかなあなど。1995年にWindow95の旋風が吹き荒れ,パソコンが家庭に当たり前に入るまでは,まだまだ専門家のツールであった。それでも,きっと近いうちにコンピュータが世の中に大量に出回る予感はあった。

 「パソコンが普及すると,やっぱりアレですかねえ,サンリオなんかと提携して『98けろっぴ(注:けろっぴはキャラクターの名前)』とか出ますかねえ」
 当時「98」といえばNECのPC-98シリーズという代表的なラインナップがあったので,パソコンといえば「98」だったのである。これに火がついて,4人がまあ盛り上がる盛り上がる。
 「年寄り向けに,木目調観音開きの『98 安らぎ』とか?」
 「汚れても自動的にキレイにしてくれる『98 ウォシュレット』。PCだって,洗ってほしい。ですか。」
 「コンピュータウイルスに感染しても,自動的に駆除してくれる『98丸山(注:当時話題になっていた「丸山ワクチン」)にちなんで』」
 
 その時は,ただただバカ話だったのだが,今考えてみるといくつもの「ネタ」が本当に現実になっていった。ウイルスソフトの入っていないPCは珍しいし,特定の対象をターゲットにしたデザイン性のあるPCも珍しくない。

 バカ話には現実味がなくていい。だからこそ,今実現できる可能性とか,適正な価格で実装できるとかそういう制約も考えなくていい。思考に制約がかからない時,自由な発想が促されるのはまあ当然といえば当然のことだろう。「飛んでるアイディア」のために,バカ話が果たす役割は大きい。
 だから会社も学校も,もっとバカっぽく好き勝手に話して遊べばいいと思う。目的のはっきりした中での思考は,制約が強くて一定の範囲の中でしか動き回らない。そういう機会が,最近めっきり減っているように思う。

 ただし,私のまわりにはまだまだそういう「バカ」が少なくない。これは本当にありがたい。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 21, 2013

1972,1992,2002,2012,そして2022

 週末は毎年恒例のセンター試験の監督。18歳の若い人たちが一生懸命にがんばっている姿は見ていて良いものである。本学では1つの試験室はずっと同じ監督者が担当する。監督は基本的に「ずっと見て待っている」仕事なので,何も起こらなければかなりまとまった「ヒマ」ができる。結果として,色々なことを黙って考える時間である。

 つらつら考えると,西暦にして「下1ケタが2」の年は,私にとって重要な年らしい。1972年には生まれたし,1992年は大学に入って,この心理学の業界に手を染めだした時期である。2002年には今の大学に赴任して,ようやく研究者として独り立ちした年でもあった。そして2012年には遅ればせながら家族も持った。
 そう考えると,次の重要な年は2022年ということになる。40代の間に何をすればいいのかねえと,監督をしながらず~っと考えいたら,手元のメモ用紙が一杯になってしまった(試験監督は真面目に大過なく成し遂げましたよ)。
 どうやら,この10年でやりたいことは,仕事でいえば本が3冊,論文(査読つき)が3本で大体足りるらしい。それに贅沢をいえば,本も論文もあと1冊余分にやれば御の字といったところ。対外的にみれば,それはまあささやかな部類に入るのだろうが,こちらとしてはそれで十分である。むしろそれだけやったら50代はもう何もしなくてもいいのではないかというくらい(現時点では)。そしてこのうち,本と論文,いずれも1つは何となくメドは立っているのである。

 考えてみれば,小さな願望で人生どうにかなるのかなあと。一心不乱に受験生が問題を解くのを見ながら苦笑。あとはプライベートの「人間としての責務」をきちんと全うすればいいのかと。40代,結構ゆっくり生きれば良いような気がしてきた。

 そんなことをやっている奴は私だけかと思ったら,同僚は新居のパースを描いていたらしい。見せてもらったら素晴らしい出来だった(さすが!美大の教員)。試験監督は結構貴重な時間を与えてくれるらしい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧