April 07, 2014

2週間の断酒とダイエット

 人間ドックで肝機能検査に引っかかる。これ自体はまあ珍しいことでもないのだが,さすがに少し健康的にすべきだろうと思いたち,3月25日を境に断酒を決行。これも既に何度か実行したことなので順調に進む。今週からは飲み会なども入ってくるので2週間で完遂ということにした。
 経過はきちんと把握すべきなので,血液検査かたがた献血へ。金沢の献血ルームは片町から武蔵が辻の新しい商業ビルに新装オープンしたばかり。
Blog334
 とても広い待合室。中学校の特別教室くらいはある。そこに20人以上の来場者。あまりにも多くて午前の採血はもう一杯。午後一番の予約をとるという事態。献血者が多いのはいいことだ。

Blog335
 10床の採血室。問診のブースも簡単に区切られ,スペースにも余裕がある。窓が明るく雰囲気の良いデザインとなっている。今日は血小板の成分献血。血管が細いこともあり,普段は採血に時間がかかるのだが,今回の看護師さんは左腕正中の取りにくいところをよく捉え,針を入れる角度や方向も見抜いてくれる。お陰で非常にスムーズに採血が行われる。 
Blog336

 そんなわけで久しぶりに献血終了。カルテで最新のGPTは見ることができた。数値は男性の基準値内(43)。これなら問題のγGTPもある程度改善されているだろう。断酒とともに続けた節制の甲斐もあり,体重も2週間で2kgちょっと減った。まずは良かった。

Blog337
 とりあえず節制明けということで,お好み焼きの「粉」でビール。美味しくいただいた。もちろんこれからが「本番」,適宜呑みながら節制を続けることになる。6月の衣替えの頃までにはもう少し(2kgくらい?)体重も落としたいし,体の内側も健康的な状態を維持したいところ。頑張っていきましょう。


| | TrackBack (0)

February 27, 2014

人間ドックに行ってみた

Blog330
 不精なこともあって人間ドックなるもの行ったことがない。機能性胃腸症(要は神経性胃炎とか)のおかげでたまに病院に行き,またたまに献血に行って酒の飲み過ぎだと注意され。そんなもんだと思っていた。昨年の春,「40歳だからドックに行きなさい」という勧奨があり,何とか年度内に。まあ本来はやっておくべきだとは思う。公立大学(法人化こそしたが)の教員なので,公立学校共済組合の病院がある。金沢から山を一つ越えた小矢部市の北陸中央病院へ。
 朝から採血や心電図をされる。ブドウ糖液を一気飲みして採血。その次は3分間の心電図,その後は腹部エコー。あれこれやっているうちにお昼で,学校給食のようなお昼をいただく。
 午後になったら検査の合間に内科検診。医師から血液検査の結果なども。やはりγ-GTPの数値は高く,アルコールについての注意はいただく。「飲めるけど肝臓には負担をかけるタイプですよ」と。実際のところ腹囲もちょいオーバー。確かにこの1年,なんだかんだで酒量は多いし,スポーツジムも月7〜8回と最盛期の3分の1。素直に反省くらいはしよう。
 5時にもなるともう大体終わってしまう。待ち時間のために持ってきた小説もあっという間に読んでしまった。そこで売店で活字を調達。本当にいいのかどうか分からない健康雑誌を買うのもなんだし,かといって週刊ポストなんてのもどうも。結局「きょうの料理」を買ってしまう。食べ物が頭から離れないこの業の深さ。
Blog331

 今回,人間ドックにあたり,オプションで一つ加えた項目が終夜睡眠ポリグラフィー。歳をとっていびきの類もあるわけで,睡眠時無呼吸の有無を測るためにも選択してみた。腕に血圧計のような機器を付け,鼻には呼吸を測るためのカニューレ。見た目に仰々しい。
 普段宵っ張りなこともあり,こういう時はなかなか寝付けない。それでも1時頃には寝付いたのか,翌日の起床は6時。水分摂取にも間に合った。

Blog332

 翌日はバリウム検査のみ。ファイバースコープを入れたことはあるが胃透視をしたことはない。いろいろ辛いと言われるが,やってみれば「こんなもんか」程度のことであった。9時過ぎには全てのプログラムを終了。お昼までいれば昼食も出るのだが,ここはそそくさと帰宅。昼のうちには飲んだバリウムも大体体外へ。事前に言っておけば胃カメラに切り替えることもできた。これは次の機会からは忘れないようにしなくては。
 
 結果はまだだが,ともかく健康に留意せねばならぬ。とりあえず新学期までの間は食べ過ぎないよう心がけること。運動は心がけてすること。週に2日は連続した休肝日をとることなどは実行せねばなるまい。3月20日を過ぎればとりあえず飲み会の予定も新学期まではない(その前に花見くらいはあろう)。2週間ほど断酒することもできるだろう。
 とりあえずドック明けの昨晩は2合ほど。これでは酔いもしないがまずはこの辺から。久々に「生活改善」というタスクの増える春である。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2012

節制&断酒2週間

 あれは2週前の火曜日,合唱部のサマコンの打ち上げ&新歓で楽しく飲んだ翌日から,私の節制は始まった。酒を飲まず,食事も節制し,心がけてジムへ赴く。ただそれだけのこと。結果として体重は1kgちょっと減少し,体脂肪も1%ちょっと減って16〜17程度。流石に胴囲は変わらないが,それでも心なしかベルトの締りが違う。一定の成果は得られたと思われる。
 体脂肪の減少と断酒は身体のあちこちに望ましい変化を与えているはず。そこで本日はこれから「血液検査目的」の献血に行こうかと。
 今日は晩酌を楽しむことにする。しかし今日の課題がもう一つ。「そこそこに飲んで帰ってくる」こと。これまで数回の断酒明け,喜び勇んで結構飲んでしまう傾向にある。本当の節制はここから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2012

折り返し〜断酒一週間〜

 思い立って始めた断酒も1週間が過ぎた。学期末で忙しいこともあり,「飲まない」という選択肢はそれなりに「あり」である。心がけて合間にジムへ通い,体脂肪を減らすことにも余念がなく,体重も微かに減少中。原因不明の方の丘疹もどちらかと言うと沈静化へ進みつつあるか。
 この手の努力は何度も経験済みで,2005年には一定の効果を示しているし,2008年にもトライしている。2010年は10kg近い減量を達成してもいた。それでも不摂生は避けがたい部分もある。時折はこういう努力をするのも良かろう。
 それでも,これができるのは飲み会のお誘いがない時期だということ,そして年季明けにはそれなりに楽しく飲もうという動機づけがあること。自分に対するちょっとした言い訳程度しかないからいいようなものである。

Blog288

 写真は,以前学位取得の思い出に奮発した,1972年のヘネシー。それもシングル・カスクの原酒である。実に強烈な記憶となった。こういうのがあるから,いつまでも飲める努力もできるというもの。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2011

ひざの違和感

 先週の体育祭くらいから,いやそれよりもちょっと前くらいだろうか。両ひざにそこはかとない違和感が。稀に微かに痛みがあったり,曲げる時に違和感があったり,何となく足が上手く支えられてない感じがあったり。疲労なのかそれとも加齢なのか,全く見当がつかない。ジムでずっとトレーニングをしていることもあって,それが功を奏しているのか,それともそれで疲労しているのか,それもまた分からない。
 同僚の先生のひざに水が溜まったとかで,大変痛そうだったりもするので,心理的にひざが気になっているのかもしれないと思う。とりあえず屈伸運動は問題なくできる。
 だんだんそれらしい年のつぶやきが増える今日この頃。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 27, 2010

天高く吾痩せる秋

 すっかり秋の風情の金沢である。空が抜けるようであり,雲が穏やかな形である。スーパーの店頭も今が夏と秋の端境らしく,いろんなものが不規則に並んでいる。まさに,天高く馬肥ゆる秋のごとし。
 そんな中,私の体重はここ10年で最軽量。朝の体重は61.6kg,体脂肪率は15%強(ちなみに慎重は173cm)。先日も書いたが,大学院時代の体型である。むしろジム通いで筋肉がついた分,今の方が好ましいとすらいえる。
 当然春までのウエストとは違う。今で大体80cm。最盛期からすると5cmは違う。ここ数年はウェストを出したり無理をしたりしていたのだが,さすがにこの秋はベルトで締め上げるにも無理が出てきた。そこで久しぶりにウェストを補正。要は「買った時の仕様」に戻すことに相成った。
 ひょっとすると?と思いつき,最近死蔵していたカジュアルのパンツにおそるおそる足を通す。こちらも十分に着られることが分かる。随分昔のパンツだが,デザインも悪くないし,使い勝手がよい。そこでこちらも今年は採用となった。これで服を買う手間が省ける。
 まあ後は太らないこと,むしろ後一押し,くらいに思っている。幸いこの10月は仕事も忙しいし,いつもの出張もなく美食美酒で食い倒れることもなさそう。もう少し管理したいなら今のうちかなあ,と。
 何といってももうやがて不惑。それなりの身の丈にすんなりと収まれるのが有り難くもあり,嬉しくもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2010

倒れる

 昨日,近所の焼き鳥屋で軽く飲む。そのまま帰宅。そしてソファで眠り込んでしまった。気がつけば朝五時,一応ベッドに行かなくてはと起き,洗面所で歯磨き,磨きながら二階に上がってきたら何だか気分が悪い。明らかに脳貧血の症状。ブラッシングもそこそこにそのままキッチンに寝転がり,元に戻ること数分。
 10代の頃は血圧が低く,自律神経のコントロールも悪かったため,比較的馴染みの深いものではあるのだが,30代になって怪我をした時以外なったこともない。未だに何が問題なのか良く分からず。
 本日になり,大過なし。何となく疲れている感じが拭えないので,今日は運動もお休み。軽く出歩くくらいにして調整したいと思う。もし大きな病気の前兆など,疑わしい何かがあればどうぞ御連絡ください。

 なんだか最近,体調の変化を感じる。40前にしてそろそろ...かなあとも思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2010

環状紅斑なんだそうな

 先週中頃から大腿部や一部の体幹に環状の発疹。それ程かゆみが強いわけではなく,どうしたことだろうと思う。ネットなんかで調べると,まずは白癬(水虫・たむし)の可能性が考えられるという。そんな感じかと市販の薬を使うが,まあそれにしてもそれなりに治療は大事そうなのでと皮膚科へ。それでついた診断が環状紅斑。
 こんな感じで,まああまり刺激が強くないように,腕の小さいやつをサンプルにしてみた。
 Blog140
 
 調べてみるとそれはそれであまり嬉しくない。
------------------------------------------------------------
 その病因のほとんどは不明である。可能性のある誘発因子は、感染、薬剤、自己免疫疾患または悪性腫瘍である。最初に小さい、淡紅色、浸潤性の、時にそう痒性を伴う丘疹が生じ、これが遠心性に広がって、時間の経過とともに中心から消失する。これより、不規則な、環状または弓状の、滑らかな、または鱗屑性の、じんま疹病巣が生じ、その上にまれに小水疱が形成される。病変は特に鼡径部、大腿および上腕に局在する。
------------------------------------------------------------
 悪性腫瘍とかだったりするとあまり有り難くないのだが,まあアレルギー的なものとまずは考えよう。結果として抗ヒスタミン剤(ゼスラン),抗アレルギー剤(グリチロン)とステロイドクリーム(フルメタ)が処方された。
 これまでをすっかり忘れて,薬のトラブルなしと伝えたのが悪かったが,どうもこの抗アレルギー剤,甘草を基礎とする成分らしい。以前機能性胃腸症(神経性胃炎ね)で長いこと漢方を使っていたとき,これがちょっとまずいことになったおそれがあるが,まずはまあ試して確認してみよう。

 原因不明で今後がまったくつかめないが,ともかく感染性のものではないようだし,そもそも諸処の事情からSTD(性感染症)のようなものでは全くないことも断言できる。あとはまあ早く回復してくれよという感じ。
 確か亡父も私くらいの年から,かなり長い間蕁麻疹で通院していた。親子ってそういう点でも何となく似てくるものかなあと思う。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 31, 2010

こっそり言いたかったこと

Blog128これが35歳くらいの私。このころの体重が69kgを大体オーバーしていたのではなかろうかというころで,最大にして70kgオーバーになっておりました。で,昨年の今頃からこつこつダイエットに励み,ここ数日は62kg台の前半から真ん中辺りまで落としたのがこれ,

Portrait2010

 実はこの体重,金沢に赴任してきた29歳の時とほとんど同じ水準。8年かけて増やしたものを,なんとか元に戻したという成果である。実際にはここ数年のジム通いで筋肉自体はささやかながら増えており,体脂肪量からすれば20代半ば過ぎの水準にまで落ちているという大変有り難い状況なのである。
 ここまでくると後は健康管理の方に興味が向いていて,この状態をキープするとか,もうちょっとだけ絞っておこうとか随分違う見方ができるようになった。38歳の誕生日を目前にして,自分に対するそれなりに誇らしいプレゼントである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 20, 2010

An early NIKATA eats the Udon.

 昨日自宅でビールとお酒で中程度飲酒。そのままソファに沈没して3時間。そのままベッドで3時間。昨日は泥棒の夢,今日は訪問販売の夢で目が醒める。起きたら5時半。6時間寝はしたものの,早期覚醒気味なのは潜在的にストレスが高いものと思われ,ちょっと思いやられる。
 いつもはもっと遅い起床なので,朝食は果物とかヨーグルトとかごくごく軽かったりするが,こう早いとお腹が空いてしまうはず。さすがにうどんを茹で,大根おろしと葱で頂く。その他もろもろをこなし,それでも7時前。早く職場に行っても良いが,今日は非常勤先に直で行く日。まだ2時間以上ある。いろんな意味で調子の違う「不規則な生活」のここ数日。
 ここであれこれ言っていてもしょうがない。折角だからストレッチなどをし,色々整えて臨む一日の始め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧