March 17, 2015

絹子と木綿子

Blog368

 日本人に生まれて40年余り。豆腐とは長い付き合いである。豆腐の味噌汁,中華の麻婆豆腐。冷奴に湯豆腐。長じて酒を嗜むようになってからというもの,特に冷奴は「とりあえず何かつまみ無いか?」の強い味方である。プラスチックの容器から出し,鰹節をかけて醤油。これだけで十分。なんと簡単,なんと平和。
 しかし考えておきたい。豆腐には「絹ごし」と「木綿ごし」があるのだ。冷奴を食べようという時,どちらにすれば良いのか。うちは絹ですという家庭あり,いやいや木綿がという御仁あり。パスタの茹で具合でイタリア人は北と南に分かれ,焼酎のお湯割りは焼酎が先か湯が先かで九州の民は議論する。豆腐であってもそこははっきりしておきたいというのが日本人ではあるまいか。なぜ木綿と絹は話題にならないのか。

 実はそこには触れにくい理由があるとも聞く。実は絹ごしと木綿ごしは絹子(きぬこ)と木綿子(ゆうこ)という姉妹であるという。同じ大豆という父を持ち,同じにがりという母を持ち。布団も同じ木綿という全く同じ生まれ育ちながら,片方はつややかで繊細な美しい肌を持ち,片方はがさつな見た目をもつ姉妹。絹子はあんかけ豆腐といった高級料理界にも顔が利く反面,木綿子は冷奴や白和えといった下町の居酒屋でオヤジ達に「安いやつだねえ」とからかわれながら生きる。どちらも皆に愛され,あちこちに顔が利くという力を持ちながら何故に?と父の大豆は首を傾げたという。

 だったら両方とも食べ比べてはどうかと。40年生きてきて,木綿と絹を同時に食べてみようと思ったことはなかった。2つ買っても100円前後,これはやってみるべき。そこでスーパーに行き,木綿と絹を買おうと思ったら,「木綿vs絹」というセットがあるではないか!相模屋食料というメーカーが最近になって発売したという。それも業界初なのだという。何という意見の一致,相模屋食料の慧眼を讃えずにはいられない。
Blog367
 一つ一つを開けて皿に,今回は豆腐の個性を尊重するためどちらも鰹節と醤油だけにしてみた。日本酒は北陸のあっさりした銘酒立山の本醸造である。

 食べてみると木綿は存在感のある冷奴である。口にした瞬間から豆の味がぐっと前に出てくる。青臭いアクの香りが醤油や鰹の強さとよく調和して,程よい歯ごたえが酒のつまみとしての安心感を与える。これに対して絹はあくまで優美・繊細。肌を流れる醤油を鰹節で押しとどめ,ふわっとした豆乳の香りとそれを覆う醤油と鰹の香りで食べる。個性の強い酒だと負けそうになるので,あくまで豆腐とじっくり向かい合う必要がある。繊細で男が目を離すわけにいかない絹子,これに対して放っといてもきちんと身辺きちんと整える木綿子。それぞれの持ち場で活躍する二人ではあるが,改めてお互い相見える場でよりそれぞれの個性を尊しとしたい。

  これからは居酒屋で冷奴を頼むときも,心して頼むことにしよう。男の一人酒,どちらが出てきて癒してくれるというのか,明日への発破をかけてくれるというのか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2014

近所に素敵なダイニングバー  不二(HUNI:金沢市材木町)

Blog343
2014.04.15   Facebookの記事より修正して再掲
ふらっと立ち寄れる飲食店がとても少ないわが家周辺。それなのに,4月から近くの天神橋たもとに「ダイニングバー」の看板が。近くで酒が飲めるとな?! それは一度行ってみなければならない。晩酌日の月曜,それも吉田類の酒場放浪記がゴルフでお休みという好条件のもと。歩いて3分の「不二」という店に。
 大正時代の民家を綺麗に改装した店内。靴を脱いで一階は洋室,二階は畳のある和室。どちらも浅野川の流れを眺めながら酒が飲める。酒は輸入ビールから日本酒,ワインにウィスキーまで幅広い。ワインのラインナップも十分だし,日本酒は神泉といったちょっと流通の少ないものや静岡の開運,岩手の南部美人といった金沢ではあまり扱われないものも。食べ物も結構種類があり,どれも片町・香林坊や駅前の同じような店より手頃。あらまぁ素晴らしい。ちなみに3杯飲んでも2,000円しないくらい。これならがんばれば毎日...←コラ!
 今のところ一人で切り盛りする若い店主,静岡生まれでまだ金沢に来て一年。聞けば昼の本業があって,仏師をなさっているのだという。仏教の思想に傾倒し,修業を経て金沢に。単なる仏像にとどまらず,抽象化された現代的な仏像の表現まで多彩。そして何より真摯で理知的な思考に裏打ちされている。これほど人の話に引き込まれるのはいつぶりだろう?というくらい興味深い会話をひとしきり。
 最近ようやく片町・香林坊から離れたところに,魅力的なBARが出来るようになった。出来る限り早く再訪したいところ。お休みは火曜日とのこと。一人でがんばっていらっしゃるので,忙しい時は景色を愛でながら一人思いに耽るのがいいかもしれない(キャパシティは結構広い)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2013

氷室饅頭

Blog322
 7月1日になった。今年もおよそ折り返し点。人生の残りの少ないこと少ないこと...
 金沢では古来「氷室開きの日」で,江戸への献上氷を取り出したということ。この日にはなぜか酒饅頭や麦饅頭が「氷室饅頭」として売られ,1年の健康を願うというまあ雅かつ鄙びた(みやびかつひなびた)風習がある。残り少ない人生が少しでも永くあれかしと一応食べる。まあ縁起もんだ。
 今年は珍しく大学のある丘の麓にある「美福」という菓子屋のものを。酒饅頭と麦饅頭を2つずつ。そして朝のおやつに塩饅頭を1つ。これが思いのほか塩っぱくて,なるほどこれが塩饅頭というものかと思う。私は甘いものはしっかり甘くあってもらって構わない派だが,これならうすら甘い饅頭より好ましい。 
 そういえば,言動は決して好きではない曽野綾子の名作に「太郎物語」という青春物がある。その中で太郎が話をする隣人のお妾さんと,ココアには塩を利かせるのが薄ら甘いよりずっといいという下りがあるが,まさにそんな感じかもしれない。

 甘いものでも食べて栄養補給をした昔と違い,饅頭をたらふく食うのは健康に良くないと世知辛いことを言われそうな昨今だが,心には悪くない,と思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2012

沖縄出張記(2) 食べに食べた5日間

Blog306
 沖縄出張記その2。なにせ4泊5日。食べる機会には事欠かない。おまけに今回は「一緒に飲みましょう!お昼でもいかが?」という機会にそれほど恵まれなかった。したがって独酌になることしきり。その分食べ物にじっくり向かい合うことも多かった。
 有名なことはかねがね知っていたが,一度も食べたことなかったスクガラス豆腐。アイゴという魚の小魚の塩辛で堅めの島豆腐を食べるもの。このスクガラス,それなりに生臭い塩辛で,そのまま食べるのは結構癖がある。これを豆腐でソフトにくるむ。豆腐は豆腐で,アクセントが利いた上に塩辛さもつく。なるほど理にかなった一品。
 そしてこちらも有名な海ぶどう。数の子がバラけたような食感といったほうが良いか。それなりに植物の磯臭さもあってやはり酒には合う。たいていポン酢で供されるが,試しに醤油にしてみると,これがやはりクセを強くする。郷に従うのが賢明。あまりポン酢に漬けていると浸透圧の関係か小さくなるので注意が必要なこともわかった。
Blog307

Blog308
 沖縄の居酒屋ではお通しは大抵これで,昆布の炒り煮,クーブイリチーというのだそう。だしを取った昆布の再利用というところか。関東で言うところのきんぴらとか竹輪と根菜の煮物のような,お通しの定番である。
 こと和食に限っていえば,沖縄の味付けは薄い。そしてテーブルに醤油などが置いていないところも多く(刺身の醤油はその都度提供される),濃い味に慣れた人には少々物足りないかもしれない。沖縄そばの出汁もそれなりにあっさりである。これが健康と長寿を誇った沖縄の1つを担っていたのではないかと推察。もちろん最近では洋食化が進んでいるし,洋食やラーメンなどは変わらず相当に塩気がある。沖縄の平均寿命の低下傾向がよく分かる話である。
 
Blog309
 そして今回はこれが食べたかった。食べたことのない魚を是非にと。白身に絞って3種,貝も。白身はイラブチャー(アオブダイ)にカタカシ(オジサン)にマクブ(シロクラベラ)。そして高瀬貝。イラブチャーは皮に野趣がある。マクブは上品で味の深い軟らかい魚。高瀬貝も驚くほど分厚くて軟らかい。これにシチューマチ(アオダイ)などを食べる。どれも筋が入っていて,ヒラメや鯛とは少々違うが,しかしながら楽しい。牧志の公設市場には,これらがたくさん並んで大変に面白かった。
 その他ラフテーやテビチなどの豚も色々食べてみたし,アメリカナイズされたタコスなども食べてみた。グルメツアーをするにはなかなか楽しい沖縄。今度は別の季節に行って,また違うものを食べてみたいと心から思った。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 29, 2012

12/02/29のお弁当 〜私と弁当箱〜

Blog270
 閏日の29日は「にんにく(229)の日」らしいが,弁当にはそうそう入れられません。今日はど〜んと海苔弁。今日のメインは昨日のゴーヤチャンプルに,今朝まめまめしく巻いたアスパラベーコン巻。ゴーヤチャンプルに卵が使われているので今日は珍しく卵料理のない日である。
 明日から3月。学食は新学期までお休みだが,明日から11日まで出張その他で家にいる日は数日。その後も入試で学内立ち入り規制ということもあり一部は年休をとって自宅研。その後も九州出張などとバタバタ。次のお弁当期間は4月に入って新学期までの10日ほどか。さて作るか,それとも外食に頼るか。

 毎年登場するこの弁当箱。私が大学4年の時,教育実習で弁当が必要になって買ったもの。毎日5時半起きして弁当を作っていたその時が懐かしい。そしてわざわざ控え室まで見に来たあの高校生たちは,いまはもう悠に30歳を超えるのかあ。
 その後も教育産業での夏期講習の頃など,年に20回〜30回ほど登場している。たまには違う箱もいいなあと思うが,量が手頃なこともあってなかなか他にという訳にもいかない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 28, 2012

12/02/28のお弁当

Blog269
 家の食材が停滞中で,前回と見た目があまり変わらなくなりそうだなあ,どうしようかなあと思案。まず私の弁当で変わり映えがないのは「卵」である。卵焼きかオムレツ,スクランブルエッグ。ならばここを何とかと,ゆで卵にしてみた。卵は偉大だ,この美しい造形美。醤油の餡をかけてちょっと懐石風に。そして海老の佃煮,これがまた可愛らしく弁当の中でいい位置を占めている。この造形美もまた良い。

 弁当を食べながら最近ダウンロードした曲を。最近本当に「近頃のヒット曲」に疎い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2012

12/02/23のお弁当 

Blog268
 アップするしないにかかわらず毎日一応食べております。今日はアスパラとベーコンのソテー,玉ねぎとひき肉のオムレツ,イシイのミートボールなど。ややタンパク質ばかりですな。ゴハンは今年初のたたき梅を載せて。一緒に飲むお茶がぐっと美味しいと感じられるのがたたき梅のいいところ。
 たまにはサンドイッチ弁当などつくってみたいとも思うのだが,よくよく考えると手頃なランチボックスがない。確かに弁当箱が違うと盛り付けも計画も変わる。さりとていろいろバリエーションを持って買い揃えるほどいつも作るわけでなし,結局こういう弁当に落ち着いてしまうなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2012

12/02/20のお弁当 

Blog267
 トマトっていいなあと思う。赤がいい。紅鮭や梅干しとは違う陽気な赤。鶏やパブリカをタイムやローズマリーで仕上げたトマト煮。日本の食べ物と違う感じが良い。その横にはネギの青いところを使ってごま油で作った炒り卵。こちらも全く違う香味。ペンネのサラダはレモンとマヨネーズで。これだけ入っていると弁当が豊かだという実感がある。
 昨日の「軽い赤ワインのつまみ」から出来た本日のお弁当。本当はお茶ではなく軽い赤でもあれば。ま,さすがに研究室で飲む気にはならんな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2012

12/02/15のお弁当 マンネリ打破

Blog266
 ど〜んとシャケ弁。しかし今日は玉ねぎと豆苗のマリネ,豚ときのこのマスタード味噌炒め,玉子焼の磯辺巻などいつもと異なるラインナップが揃っている。いつもと目先が変わると,しみじみ「美味しいなあ〜」と思う。
 食べ物は人生の質を本当に変える。食べ物が美味いと思えること。それが人間の最後の実存を支えているのではないかとすら思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2012

12/02/14のお弁当 マンネリ...

Blog265
 日々絶え間なく続く弁当作りであれば,毎日が似てくるのは致し方ない。ABC→ACD→ABD→BDEのように,少しずつ変わっていく内容である。
 今日は昨日と同じ春菊のごま和えとミニトマト,これに定番卵のチーズオムレツ,冷食で春巻。1番の違いはひじきご飯というところか。香りづけにごま油を垂らして炊く。ちょっと固めになるがつやつやして美味い。そういえば20年ほど前の94年,猛暑でコメが不足した時,輸入米をこうやってなんとかつやつやに炊いていたことを思い出す。もう今の学生はそれも覚えていないことだろう。時の流れを感じる。
 さて,明日はどうすればいいかなぁ〜


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧