June 02, 2014

カメラを買った

Blog350
 初めてカメラを持ったのは中2の時,ホームステイでカナダに行った時。それから30年近く,スナップショット以上の意味合いで写真を撮ったことは少ない。それでも81万画素のオリンパスに始まって,軽くて色の良いIXYを使い続ける。銀塩の方も全くというわけでなく,ペンタックスの単焦点の安いカメラに始まって,親父のお下がりのOM-2,EOS-Kissと「旅行時には」連れ出したりしていた。
 最近になって,研究の資料のモノ撮りが増えたり,カメラの使える友人がいたりで,ちょっとだけコンデジ以上のカメラが欲しくなる。関係各位のアドバイスももらい,生まれて初めてのミラーレス一眼を。電器屋で安かった(今はカメラは電器屋なんだねえ)ソニーのNEX-5Tで手を打つ。Wi-FiがついてiPhoneとの連携が抜群に良かったり,聞くところによると交換レンズなども色々あるんだという。何よりソニーはミノルタを傘下に入れ,昔のαシリーズで売り出している。そんなオッサンの郷愁をくすぐるところもちょっと嬉しい。

Blog351
 
 手に入れて24時間あまり。撮った枚数は50枚強。絞りも露出もISOも,まだまだ何も分かっちゃいない。とりあえず絞りを開いて向こうをボカすくらいのことができるようにはなった。コンデジも良いカメラだと思うが,やはり一眼は一層キレイに写る。
 しばらくの間は下手くそな写真がブログに並ぶかもしれないが,まあご笑覧下さい。ちょっとだけ楽しいおもちゃを手に入れて(いや,仕事に使うのですが...)ウレシイ40代男子なのであります。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2014

iPad miniになった

Blog333

 予約から3ヶ月,その間に知らない間にキャンセルされていたり色々あったのだが,ようやく手元にiPad mini retinaがやってきた。出張用のPCとしての役割がもっとも大きいので,できるだけ軽く,そしてPCに近いセットアップを目指すと,miniと外付けキーボードという選択は大変好ましい。キーボードはLogicoolのケース付きキーボード。あわせて何と750gくらいしかない。軽いMacBook Airでも1.1kg。
 メールや会議のメモはこれで十分。キーボードの幅はさすがに狭くて打ちづらいが,慣れれば結構使えるのではないかと思われる。少なくともiPadのソフトウェアキーボードよりはずっと便利なのである。Retina displayになった画面も見やすく,容量も64GBにしたおかげで,手持ちの音楽も大抵聞けてしまう。使い出しとしてはとても満足。
 がんばればこれ一台でプレゼンまでできてしまう(Keynoteで)。とりあえず今日から出張。どのくらい使えるのか,まずはテストしてみることにしたい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2012

電子レンジが来た

Blog299
 わが研究室,冷蔵庫とポットはあるが電子レンジはなかった。10年暮らしていてそう必要性もなかったので買いもしなかった。ところが美大祭で模擬店をする際に,どうしても必要に。そこで近くのリサイクルショップ(セカンドストリート,通称セカスト)へ。こんな立派な奴が4000円くらいで売られている。悩むほどの額でもないので即お買い上げ。11年目にして電子レンジが導入された。
 そうはいっても,そうそう使うわけでもない。とりあえず当分は家からご飯を持ってきて,ここで温めてから学食に行くという行動を増加させようと検討中。夏や春休みの学食が空いていない期間は弁当を温めるのに威力を発揮するかもしれない。他になにか良い用途がないものか。
 何だか院生のようになってしまった。そのうち再び寝泊まりする日も近いのか?!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 30, 2012

iPhone5がやってきた。

Blog298
 初めて手にした携帯は東京デジタルホン。まだJ-PHONEとも呼ばない時に買った。そのうちi-modeが世間を席巻し,「やっぱdocomoでしょ!」と広末涼子ばりに乗り換えてはや13年以上。世間の波に抗えずついにiPhoneと再婚することでsoftbank系列に出戻ることになった。とはいえ既にiPadとの姻戚関係はあり,乗り換えてみればほとんど何も抵抗もハードルもない感じ。
 母艦のMacにつなぎ,環境を整えること30分強。ついにiCalで日程の管理も一元的にでき,必要があればiTuneで音楽を聴くこともできる。それはもうあっという間。
 ついでにカバーも買った。ごついけれどレザーの蓋のついたもの。私の性格上,落とさないという実績はないので,画面を損傷するリスクは可能な限り低くしておきたかった。そしてとりあえず冬服のポケットには難なく入るようで,それはそれでホッとしたところ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2012

新しい車がやってきた

Blog294
 春にゴルフを買ったばかりだが,ここへ来て家族のクルマ(スズキ・アルト)がいきなり故障。ATフルードがエンジン内に混入という事例。聞いてみると中古で手に入れてからは3年だが,新車登録から12年は経っているという。先々のことを考えると修理するのが良いのか悪いのか。熟慮3分の結果更新を決意。あれこれ探すと1年落ちでかなり安くなっている中古をディーラーで見つける。どうも営業用だったらしく,1年で18,000kmほど頑張っている。状態もいいし,何せ車検が2年も残っているしでめでたく購入。個人的には好みの三菱トッポである。パワーはともかく,荷物はたくさん乗るはずだ。これもポイントになった。
 ミニカ・トッポといえば大学時代に初代がリリースされた。今と同じ背の高いボディ。たまたまサークルの女の子が持っていて,大きな楽器などを良く運んでもらった。だから軽自動車にしてはユーティリティが良かった覚えが残っている。その頃父から譲ってもらった同じ三菱のギャランに乗っていたので,三菱は比較的好きなブランドである。
 乗ってみるとまあ便利。あちこち収納があるし,シートも悪くない。新しいだけに坂で苦労するとかパワーの不安もない。軽自動車も昔とは違うなあと実感した。後は燃費,この大きな車体(800kgくらいあるらしい)でどのくらい走るのか?家族の報告を待っているところである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2012

iPad用キーボード,再び。

Blog290
 先週のエントリの通り,MacとiPadを持ち歩いたこの出張。重さがやたら気になるほどではなく,2個持ちもそれなりにできることは分かった。しかしやはり重い。聞けば最近軽めのカバー型キーボードがでたという。元来新しもの好きなのでいそいそと有楽町のビックカメラへ。Ultrathin Keyboard Coverなる商品で,これまでのものより70〜200gは軽い355g。これならトータルで1kgを割り,MacBook Airよりも軽くなるし,たいていのウルトラブックよりも軽い。
 マグネットでくっつける方式。ちょっとした衝撃で外れたりはしそうで,カバーというには心もとないが,写真のようにどこでも簡単に使える。キーボードの質は非常に良く,モバイルPCの代替として十分に活用できるようになった。セットした見た目は下の写真の通り。最近のメタリックな色に完全に準じていて,そういうMacがあるんだっけ,くらいに見えてしまう。
Blog291
 出張でもない時は,他の丈夫なカバーでも使って,もっと軽くすればいい。キーボードも含めたハードユースで使い倒したい出張の時などはぜひぜひオススメできると思う。価格は9,980円,新製品でさらに品薄ということもありどこもまだまだ強気の価格設定。ビックカメラには結構在庫があったが,Amazonも直販サイトも予約販売中である。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2012

新しい授業資料をGET

Blog285
 しばらく前,授業の資料としてアレッシィのシトラススクイーザーを買った話をした。百貨店がバーゲンをやっている週末,今度は茶こしがバーゲンになっていたので,授業用資料として購入。D.A. Normanの受け売りそのままであるが,やはり生理的にも知的にも触発されるデザインである。いろいろな色があるが,手持ちのカップは白中心なので,取り合わせの良い黄緑を。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2012

車を買い換える

 愛車パサートワゴンを手に入れたのが2003年の5月。1998年式の車を中古で手に入れ,3万キロ台の中盤から11万キロまで乗り倒した。流石にあちこちにガタが来たこと,燃費の面でシャレにならなくなったこと,そういえばエコカー補助金があったなあということ。諸処の事情を勘案し,熟慮に熟慮を重ね,ちょっとだけ思い切り。生まれて初めて新車なるものを購入した。
Blog279

 今回は流石にパサートではなく,ゴルフ・ヴァリアント,1.2ブルーモーション。大きさはパサートとほとんど変わらず,排気量は一気に1200ccクラスにダウンサイジングされた。ブルーモーションはアイドリングストップ機能がついたフォルクスワーゲンの最新のもので,燃費のさらなる向上が見られるという。
 それなりに大きな車体に小さなエンジン,ターボチャージャーがついているとはいえ大丈夫かいな,急な坂なんて登るんかいな,高速でかったるくならないのかね。買ったなりから不安この上ないが,とりあえず富山まで往復100kmほどの高速クルージング,そして大学までの街乗りなどを試してみた。
 結論から言うと,まあこれまでの車に比べて「さすがに落ちたなあ」というものが全く見られない。高速では軽く踏み込むと120km/hくらいまではすっと伸びる。山坂で困ることもなし。超高速で飛ばしてポルシェと張りあうような,品のないバカな真似をしようと思わなければ何ら不都合は感じられない。静粛性については,ほとんどがロードノイズとの問題で,路面が悪ければそれなりにうるさく感じるし,街でゆっくり乗る分には国産車よりうんと上質である。標準でついてくるコンチネンタルのタイヤはこの辺りちょっとうるさく感じる,国産の静粛性を売りにしたタイヤなら,もっと良くなるかもしれない。
 運転するとわかるが,上手く乗りこなすにはアクセルをラフに踏まないことが大切で,結果としてそろりと走りだし,ふわりとブレーキングするような優しい運転が望ましいものとなる。これが結果的に燃費も良くするし,上品な運転にもさせてくれる。中年期にさしかかり,人生すこしは丁寧に生きることを求められているようで悪くない。ワイルド(ガサツで野卑と言い換えることも時にはできよう)なドライビングにカッコよさを感じるならちょっと相性が悪い。ただそういう乗り方もやってみればできないことはないが。
 標準装備のオーディオも高音から低音までスムーズで非常に良い(ちなみに今回はじめてCDチェンジャーをやめ,iPodを使用することにした。オプションの接続キットを使うとオーディオ本体からコントロールでき,これも非常に具合が良い)。
 今のところの難は,フロントの視界が以前の車よりやや狭いと感じること,アイドリングストップシステムのコントロールを上手くやるのには慣れがいること,そして足元に汚れどめのマットを敷きたいのだが,オルガンペダルのアクセルの位置が微妙で,上手く適合するマットがないことくらいである。
 これで後は故障なく,長く付き合えれば文句なしである。ただこればかりは当たり外れのものでもあり,すぐには分からないことである。

 長く連れ添ったパサートは,東京や熊本など長距離のドライブにもよく耐えてくれた。そのうちこの車でもどこか遠くを試してみたいと思っているところである。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2012

シトラススクイーザーを手に入れる

Blog276
 昨日は飲み会で街へ,ちょっと時間があったので香林坊の大和へ。ふらふら家庭用品を見ていたらこれまで高々とディスプレイされていたALESSIのシトラススクイーザーがない。よく見ると「SALE品」のところにまとめておいてある。値札を見たら7000円と消費税。前々からデザインの講義に欲しかったのだが,定価10000円は研究費の費目処理の都合から(備品扱いでいろいろ面倒)二の足を踏んでいた。これなら大丈夫,勢い勇んで手に入れることにした。
 しかしながら,実際に持ってきてもらうと,おなじみのクロムメッキが施された銀色のものだけではなく,写真のようなフッ素加工されたチタンブラックのものもあるという。値段は同じらしい。大層悩んだが,汚れや管理の点ではこちらの方が良いようにも思われ,チタンブラックに決定。エモーショナル・デザインの講義で資料として使うことにする。
 クロムメッキの方は「メッキが酸で冒される」リスクを背負うということで,シトラススクイーザなのに柑橘類の使用を推奨しないという「使えないけど欲しいモノ」の代表格とされていた。実際のところ,この塗装だと大丈夫なのだろうか?

 昨日の飲み会は,最近心理学者の中でも殊に先細りが心配される「高次認知研究」を標榜する40前後の3人で。あれだけ認知科学絡みの話をするのは数年ぶりではなかろうかという面白さ。店はこれも近年評判の「六味一滴」で,春の野菜と魚介の素晴らしい品々だったのだが,話しの面白さに集中が途切れ,味のディテールにちょっとだけ向かい合い損なうくらいであった(いや,それでもセンスはとても良かった)。

(追記)どうもこの商品,最近価格改定でちょっと安くなっているらしい。円高のせいのようだな。それでも今回の購入価格は,それを下回るもの。チタンブラックはそれはそれで,別の意味でロケット的で悪くない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2012

ドキュメントスキャナがやってきた

Blog271

 フラットヘッドのスキャナはもう10年ほど使っているのだが,長いことドキュメントスキャナは手元になかった。とうぜん使いこなすこともない。最近になって自炊だなんだとポピュラーになっているようでもあるし,手元に溜まる紙類を少しでも減らしたいという思いもある。そこで一台購入。Canonにしたのは「何となく」である。
 とりあえず,多少紙送りには慣れとコツがいるものの,片面も両面も実に素早くできる。面倒な表や送付されてきたスケージュール表も,そのへんに置いておくよりは電子化したほうが便利なのかもしれないと思う。後は会議資料などをどの程度電子化できるかになってくるのかもしれない。
 まあとりあえず,使ってみるか。くらいの心境。

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧